PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

現場確認!植栽打ち合わせ~

昨日、植栽植え込みの変更に伴い現場の確認に行ってきました。


アイアンフェンスも付きました~やはり寝かせてる時期が長かっただけに感動。

職人さんが作業中ですので、邪魔しないように・・・



お客様とはかなり打合せしてきましたので、特に問題は無く、完成が楽しみです。3月中旬には完成です。



スムーズな現場確認だったので予定時間より早く終了!ということで、少しだけ寄り道(^-^)


さて、ここが何処か分かる方~は現場の地域もわかりますね。
なぜか、私はこの地域にご縁があるようで(^-^)💛

気分新たに事務所に戻る亀井でした。
スポンサーサイト

扉を開けるとそこは…

今日は、昨日まで内装のディテールを考えていた空間の壁紙と家具の張地のプランをしてます。

燦々と太陽の日差しを感じ、元気が出るインテリア。ビタミンカラーを取り入れ大人が癒される空間。

メインが決まれば、後はスムーズに進みます。

これからファニチャーとファブリック楽しく決めたいとおもいます。






明日からパースを仕上げるためにある程度仕上げの詳細を決めなければなりません。

もちろん、ファニチャー&ファブリックまで!満月のパワーでもう少し頑張ります!!

ささやかなご褒美の1日

昨日、知多半島の現場の確認に行っていました。現場は監督と6人の職人さんと私で、かなりの人口密度。

工事も佳境になってきますと、複雑に入り組み確認事項が沢山出てきます。確認事項のほんの一部ですが、配線

(AV機器関係、ライトコントローラー)等の位置や接続状況の確認と、建具の取手の取付状況の確認をした際の

写真です。

IMG_0028_convert_20130331143548.jpg IMG_0039_convert_20130331143652.jpg

建具は、ファブリックガラスという海外の生地をガラスで圧着し挟み込んだ特殊なガラスを使用しています。

向こう側がなんとなく見えて光の加減で生地がキラキラします。右の写真は反対側の取手が見えていますので

透けかげんがお分かりいただけるのではと思います。

取手は、日本の伝統工芸「南部鉄」のスクエアなデザインの物です。何とも言えず味わいがあります。

建具の木枠は自然塗料の黒檀色を塗装し、モダンなデザインでありながら自然素材のナチュラル感があります。

空間イメージに合わせこだわったデザインの一つです。全体像は完成しましたらご覧いただきたいと思います。

IMG_0032_convert_20130331143405.jpg IMG_0031_convert_20130331143453.jpg

6時ごろまで確認事項が続きますので、途中お昼休憩を取りました。

この現場は半年お客様との打合せで通っていますが、午後からの打合せが殆どでこんな時間滅多に取れない!と

前から気になっていた車で1分の「海岸」に行って青空の下で海鮮弁当を食べることにしました。

蜊礼衍螟壽オキ蟯ク・胆convert_20130331142422

前日にとても清々しい打合せを終えたこともあり、マイナスイオン効果もあって癒され久々の贅沢な時間でした。

そして現場に戻り、一通りの確認を終え監督と最終打合せをして事務所に帰りました。



帰り道いつものウォーキングコースにライトアップされた桜並木を見つけ、立ち寄ってみることに。

小川沿いのベンチに腰掛けせせらぎを聞きながら夜桜を満喫し、今年の私の花見はこれだなっとお茶飲みながら

寛ぎました。

IMG_0058_convert_20130331142535.jpg IMG_0072_convert_20130331142610.jpg

一日に仕事しながら、海とお花見を満喫出来てラッキーな日でした。  

つきなみですが、一生懸命やっていると、こんなご褒美のひと時が味わえるんだとつくづく思いました。

中国のお仕事

今年の3月に提案した中国の住空間ショールームのラフプランです。

もうそろそろ完成なのですが、まだ中国まで確認に行けていません・・・

出来るだけ早く確認に行き、完成写真も撮ってきたいと思っています。



私はこの仕事をさせていただくことで、日本と中国の生活スタイルの違いや考え方の違い、仕事の進め方の違い等

多くのことを勉強させていただきました。

しかし、より快適に暮らしたい、世界の水準を知り生活スタイルを変えていきたいという強い思いは同じなのだ

と感じました。

まだまだ、快適な住空間とはどんなものか知らない方々にショールームという形で情報提供して、住空間創りの楽

しさを感じてもらうお手伝いがしたいというオーナーの熱意が伝わってきました。


自国の仕事でも大変ですが海外との仕事はそれ以上に大変です。

それでもお引き受けしたのは、やはりオーナーの熱意でした。

3355_convert_20110521154637.jpg

ショールームが完成してからが本当のスタートです。

今後の展開がとても楽しみです



テーマ : 日記
ジャンル : 日記