FC2ブログ
PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
一般社団法人日本商環境デザイン協会
「JCD」メンバー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

謹賀新年


新年あけましておめでとうございます。
皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。
旧年中はひとかたならぬご厚情をいただきありがとうございます。
メールにて恐縮ではございますが、本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
末筆ながら皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。
株式会社Juju INTERIOR DESIGNS
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

今年1年有り難うございました。

拝啓
2018年も残すところあとわずかとなりました。
皆様におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。
また平素は格別 のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
今年はギリギリになりましたが、本日午前中で業務を終了致します。
年始の営業日を下記の通りご案内申し上げます。
甚だ勝手ではございますが何卒ご了承の上、万障お繰り合わせ頂きますようよろしくお願い申し上げます。
本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬ ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
敬具
2019年 1月 1日~6日まで休業
1月4日、5日緊急の場合のみ事務所及び出先での対応を承っております。
年始早々の物件で確認必要な場合は、遠慮なくご連絡下さいませ。

2018年 年始のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。
本年も、多くの方々の期待に応えることができるよう精一杯頑張っていきます。 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
1999年~2004年フリーランスから2006年本格独立以来12度目のお正月を迎え、Jujuの考えていることは、美しく機能的なインテリアデザイン、プロデュースの完結だけでなく日本人として誇りを感じる新しいインテリア空間の具現化をして行きたいという事。
現代の日本人アイデンティティが空間で表現できたらと思います。
グローバルな時代にエクレクティック(折衷的な)のインテリアの中にもキラッと光る日本の素晴らしさを表現することです。
今までの店舗、施設、Office、住宅デザイン経験、日本と海外のデザインの情報など長年の経験を役立て、空間のバランスやディテールやカラー、伝統工芸などの取り入れ方など少しでも住まう方が誇りに感じ、心地良く感じられる生活環境創りのお手伝いが出来ればと思います。
今年も皆様からのご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。
皆様のご健勝を心よりお祈り致します。
新年は1月9日から平常営業とさせて頂きます。
新しい年が更に良い年になるよう祈念致しまして、私の新年の挨拶とさせていただきます。
Juju2018 年賀

テーマ : 新年のご挨拶
ジャンル : 日記

年末年始のご連絡です。

年末年始につきまして、当社では誠に勝手ながら下記の通り休業させていただきます。


年末年始休業日:2017年は12月30日((土)~2018年1月8日(月)

※2018年1月9日よから通常営業いたします。

なお、緊急の場合は継続のお客様の場合は、対応させていただいております。


                                                   以上

お久しぶりです。

 昨年末から、ブログをまったく更新していませんでした。

その間には、本当に色々なことが起こりました。

まずブログを更新する前に、東日本大震災により被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

自分の無力さを感じずにはいられませんが、被災地以外の私たちはビジネスこそが被災地支援と考え

前進していきたいと思います。


 私が所属しております「英国インテリアデザイン協会」BIIDの英国在住の日本人デザイナーの活動を

ご紹介したいと思います。

Japan Tsunami Appeal NSDA Noriko Sawayama

今回の東日本大震災で被害にあった伝統工芸品、そして職人芸(継承していく精神)をインテリアの商材として

活用する道を開き、長期的な視野に立った支援活動ができないかと日本側、英国側双方で行われた活動です。

私は、このプレゼンテーションを見て胸が熱くなりました。

日本に住んでいると、その素晴らしさ大切さを忘れがちですが、是非この機会に日本の伝統工芸を改めて見直して

いただきたいと思います。


 私も、このプレゼンテーションで紹介されている伝統工芸を使わせていただいた空間が幾つかございます。

次回から少しずつご紹介させていただきたいと思います。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記