PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(株)Juju INTERIOR DESIGNS 求人募集!

Juju INTERIOR DESIGNS では、下記の人材を募集しております。

□委託でインテアの業務ができる方   
  ※下記の項目に1~2程度当てはまる方

・CAD図面が描ける方(JW 、Vector、)建築図面 造作図面

・インテリアボード(イメージ、マテリアルボード)作成できる方

・3Dパースできる方

・インテリアコーディネーターの資格のある方、もしくはインテリアの学校を卒業された方

□委託+事務所で(コアタイム)の2週間に1度の業務が可能な方

・上記項目に加えインテリアデザインに係る一般業務をお願いします。


info@tc-juju.com アドレスより随時受け付けております。


インテリアの仕事ができるけれど、フルタイムでは難しい方。

インテリアの資格はあるけど、これから実戦で学びたい方。

インテリアの勉強中で実際の現場でアルバイトしてみたい方。

歓迎です。

大人の名古屋掲載 Im HOME掲載 ワンミニオン掲載 Juju パンフレット DSC05042_convert_20160818124058.jpg これまでの仕事を語る亀井さ[1] DSC05015_convert_20160818124135.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 求人情報
ジャンル : 就職・お仕事

賞を頂きました!

銀賞頂けました!
とても嬉しく思います。

昨年Juju亀井にショールームデザインを任せて下さったコスモ建設様有難うございました。
昨年春の消費税前の駆け込み需要期のバタバタの時にも関わらず、ご対応下さった、協力業社様、メーカー担当者様には本当に助けられました。有難うございました。

そして、この完成現場撮影のために駆けつけて下さった写真家の成原様にも感謝です。昼間と夕景の空気感をとても素敵に撮って頂きました。

色んな幸運が重なった結果、賞を頂けました!!

また、亀井にエントリーしてねとチャンスを下さった、JCDの先輩方にも感謝です。
ヤングデザインは昨年で卒業なので、とても記念になりました。
2月24日授賞式に呼んで頂きましたので、その日を楽しみにします!!


名古屋セントラルパークのセントラルギャラリーに是非是非お出かけ下さいませ。中部地区の受賞者の方々の展示がされています。
トリプレックス11開催中!!!

デザイントリプレックス11

2015年2月17日(火)~26日(水)までデザイン・トリプレックス11が開催されています。

(公社)日本サインデザイン協会 SDA
(一社)日本空間デザイン協会   DSA
(一社)日本商環境デザイン協会 JCD

3団体が共同で行う空間デザインイベントです。各団体の年間アワード作品と、受賞者を招いてのシンポジウム

を開催しています。

日本の空間デザイン賞展がセントラルパーク北端のセントラルギャラリーにて受賞者の展示があります!!

(私の手がけた物件も展示があります)

是非26日までに、ご覧下さいませ~
セントラルギャラリーデザイン賞展1 セントラルギャラリー

「日本だからこそできる空間デザインをめざして」というシンポジウムが昨日開催され、トヨタ産業技術記念館

を手掛けたディレクターの乃村工藝社「吉永 光秀」様と自動車館グループリーダー「広野 透」さんの

お話でした。

(私は終始受付で残念ながら内容を聞けませんでしたが、終了後の懇親会の盛り上がりでシンポジウムが

とても素晴らしかったことがうかがえます)
fc2blog_20150217232948641.jpg
fc2blog_20150217233025e08.jpg

トリプレックスの委員の方々との交流はもちろん、関係者の皆様との新たな交流もあり充実した1日でした。

ここのところ仕事が立て込み、あまり委員のお手伝いをしておらず申し訳ないと思っておりましたが、受付

担当で皆さんとご挨拶させていただき、ほっとしました・・。26日まで、沢山の方々にご覧いただきたいと

思います!

暮らしを明るく照らす壁紙を届けたい!!

壁紙プロジェクトが新たな取り組み「未来への彩・壁紙アートプロジェクト」をスタートさせました。
8月2日仙台東松島の新東名ふれあいセンターにて壁紙アートを展示させていただき、抽選で被災地の皆様にプレゼントさせていただきました。
「暮らしを明るく照らす壁紙を届けたい」そんな思いを共有した東京・大阪・名古屋のインテリアデザイナーが寄付いただいている壁紙を利用して手作りした壁紙アート37点!!無事お届けしてきました。
今後も仮設住宅や復興住宅、公共施設、建て替え住宅などでお使いいただけるようにプロやプロを目指す学生たちが一つ一つ工夫し作る壁紙アートをお届けしていきます。

壁紙プロジェクト:「英国インテリアデザイン協会日本人メンバーの会」を中心に、世界中で支援するボランティアたちによるチャリティーグループです。


東松島新東名ふれあいセンター(夏祭り会場)
新東名ふれあい広場

37点の壁紙アートを展示させていただきました。抽選箱は現地の方々の手作りです。
ふれあい広場展示室

壁紙アート展示

5時過ぎから抽選会が始まりました。現地司会者の方が盛り上げて下さり、作品名やメッセージを読み上げてくれました。
壁紙アート抽選会

壁紙アート抽選会2

壁紙アート抽選会3

壁紙アート抽選会4

壁紙アート抽選会5

壁紙アート抽選会6

壁紙アート抽選会7

「未来への彩・壁紙アートプロジェクト」第1回を無事終了できました。大盛況で被災地の皆様の笑顔で元気をいただき
ました!
東京から指定席をとれず、立ち席での乗車に引き続き現地での準備など、ほとんど立ちっぱなしでクタクタなんですが、凄く元気一杯盛り上がりました、
壁紙アートプロジェクト新東名展示抽選会スタッフ
(左から、現地スケジュールなどの仲介や展示等のお手伝い下さった物林株式会社の勝田様、現地の指揮をとって下さった平田区長、一番右が壁紙の保管や各地域への発送などお手伝いいただいたトキワ産業株式会社仙台支店の宮崎支店長)この方々のバックアップがなければこの展示抽選会は成り立ちませんでした。本当にありがとうございました。
この中にはおりませんが、壁紙プロジェクトの代表者澤山乃莉子がこの新たなプロジェクトの全体の代表者です。
現在LONDONにおりますが、メールやスカイプなどにより全体の指揮をとっておりました。
10月ごろには日本で第2弾展示会を開催予定で準備しております。

癌先端医療におけるインテリアデザインⅣ

物件紹介が続きます。

「東京ベイ先端医療 幕張クリニック」 第4弾のご紹介です。  ~更衣室、待ち合室、待機室、回復室~

先回の第3弾で治療エントランスや診断、測定の待合などをご紹介しましたが、今回は更衣室、待合室、待機室

回復室などマテリアルなどにも触れてご紹介したいと思います。


この写真は、男性更衣室です。

トロピカルな壁紙とシックなカラーのスツール、壁のグリーンに合わせたタイルカーペットのコーディネートです。

診察室の廊下がパープルの床に対して補色の色使いの更衣室です。

第2弾で触れましたが、大人が楽しめるカラフルなコーディネートです。
男性更衣室
Photograph by Nobuki Taoka


こちらは、男性待合室です。

街並みを背に、海のさざ波を聞きながら寛げる待合室です。ソファーは女性より少しサイズが大きくどっしりとした

ソファーになります。
男性待合室
Photograph by Nobuki Taoka


そして次にこの写真は、女性待合室です。

男性とは打って変わってかなりトロピカルです。女性ホルモンの分泌がよくなりそうなピンクベースの空間です。

写真で見るより実際は少し落ち着いていますが、あえて華やかな待合室にしています。
女性待合室2
Photograph by Nobuki Taoka

この写真は女性更衣室です。

ストライプと花柄のやはりピンクベースの空間です。手洗いのミラーには壁の柄をエッジングして華やかな演出を

しています。
女性更衣室1F
Photograph by Nobuki Taoka



女性更衣室2F
Photograph by Nobuki Taoka


そしてここからは、放射線治療の前後に使用する待機室や回復室の空間です。

他のお部屋と違って、放射線が関係するお部屋になります。放射線治療をされる患者さんが使用するソファー

(リクライニングベッド)や壁・床などはすべて拭き掃除が可能でなければなりません。

壁は塩ビシート、床は塩ビタイル、リクライニングソファーはビニールレザーとかなり限定されるマテリアルです。

それでもやはりクリニックのコンセプトに空間を仕上げ、患者さんに寛いでもらいたいということでリクライニング

ソファーの張地にビニールですが、カラフルな柄が可能なベルギー製の生地を採用しました。

ビニールの糸で織り上げた生地なので深みのある柄で発色もよいのです。

シックで落ち着いた回復室や待機室はそれぞれ少しずつイメージを変えています。

リクライニングソファーの張地のカラーや柄の自由性で、空間の演出に幅ができ、クリニックとは感じられない

寛ぎの空間に仕上がっています。
回復室4
Photograph by Nobuki Taoka


回復室5
Photograph by Nobuki Taoka



待機室2
Photograph by Yuki Kato

防汚、抗菌でアルコール拭きがOKで、ビニールレザーを使用をしなければ衛生的に問題があるクリニック、病院

施設などがあります。どちらかというとそうせざるを得ない施設のほうが多いのですが、是非こういった機能性

マテリアルでデザイン性の高いものを使用してコーディネートをお勧めいたします。

今回「東京ベイ先端医療 幕張クリニック様」は患者さんの満足度を考え、採用されました。

待機室3
Photograph by Yuki Kato

回復室1
Photograph by Yuki Kato

癌の先端医療施設としては、このクリニックが今日本で一番といわれています。診察、診断 治療を考えている方は

是非このクリニックをお勧めします。

医療法人葵会の理事長様の医療やクリニックに対する思いは本当に素晴らしいです。 このクリニックの委員長他

放射線技師の皆さんやスタッフの方々またコンシェルジュの女性がやさしく迎え入れてくださいます。


東京ベイ先端医療 幕張クリニックホームページ

ホームページのライブラリーは、カーテンや医療機器、什器が入った状態の写真ですので雰囲気が伝わりやすいです

是非ご覧くださいませ。素敵ですよ~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。