PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

ファッションブランドからライフスタイルブランドへ

私は、12日にインテリア産業協会の毎年恒例のインテリアフェスティバル2014に行ってきました。

下記の内容の告知に絶対に行く!!と決め事前申し込みをして聞いてきました。

41歳から起業して今に至るARMANIのお話はとても刺激的でした。


ARMANI / CASA ~ファッションブランドからライフスタイルブランドへ~

講師: 村上 舞 氏

(ジョルジオアルマーニ ジャパン(株) アルマーニ / カーザ ゼネラルマネージャー)


さまざまなファッションブランドが家具を発表する昨今、
何故アルマーニ / カーザがビジネスを堅調に伸ばせているのか?
ミラノ・ドバイで展開するホテルの客室インテリアの写真、
世界各地で手掛けているアルマーニブランドの冠を付けた住宅棟やそのインテリアデザインの紹介、
そして日本でのビジネス拡張のポイントなど、
普段聞くことの出来ない「アルマーニの美学から生まれるインテリアの世界」とは?
今後のコーディネートのヒントにもなる貴重な内容となっております。

ゼネラルマネージャーの村上 舞さんのお話は、大変わかりやすく会場の質問にも的確に答えてくださってました。


スライドはこのフェスティバルのための特別なもの!内容もこのセミナー参加者にのみとのこと!!

モザイクで雰囲気のみです。気になる方は是非今後のARMANI / CASAに注目していてくださいね。

この特別感と刺激的な内容に思わずスタンディングオベーションで「ブラボー!」と叫びたくなりました。

私は以前からARMANIが作り出す、JAPANを意識した独特の世界観が素晴らしいと思っていました。

日本人よりも、日本のディティールを使って世界観を作り上げている才能がうらやましいと思っています。

LONDONやPARISでショールームや展示会を見ていて、私が疑問というかもっとこうだと良いなって漠然と思って

いた事を、この村上マネージャーは日本でのビジネスとして、やり遂げていらっしゃるのがすばらしい!!と思い

ました。素敵な方でした。

ARMANI / CASA



そして会員企業22社の情報展示がありました。

アイシーリンク、アスワン、川島織物セルコン、コイズミ照明、サンゲツ、住友林業クレスト、スミノエ、
大光電機、タカラスタンダード、立川ブラインド工業、ツカサディザインコマース、TOTO、トーソー、トキワ産業、ニチベイ、日本インテリア総合研究所、パナソニック、パモウナ、三井不動産リフォーム、メガソフト、山田照明、井上千保子インテリアデザイン塾
写真を撮らせていただけましたので、その一部をご紹介。



抽選会でギフト券が当たり!くじ運がついたのかしら~と?

色んなメーカーさんの展示で新作など拝見することで、自分なりにトレンドをつかんで楽しんでました。

また、今年のインテリアコーディネーターやキッチンスペシャリストの受賞作品の展示も拝見し、とても刺激になり

この日に参加できたこと本当に良かったです。


交流会では、普段あまりお会いできないVIPな方々にお会いできたり、久しぶりな同業と会話が弾んだりと

有意義な時間になりました。
スポンサーサイト

ポリシーとこだわりとストーリーと

本日は、AD CORE「家具メーカー」の新作発表会に行ってきました。

ゆっくり見たいと思い、少し早めに会場に入って全て座って体感してみました。

やっぱり座って試してみないと分からないのよね~・・とすわり心地を確認してました。


この写真は開演30分前の写真です。

ここで、自由に動き回らせていただいちゃいました。

AD CORE 新作

そして講演が始まりました。

私の席の左側(写真に写っていない方)や後ろには立ち見の方がいらっしゃるほど

沢山のコーディネーターやデザイナーの方がいらっしゃいました。
AD CORE 新作2

新作の家具に好きに座らせていただいての講演でした。

説明してくださったのは、ファンの方も多いかと思いますが

デザイナー(クリエイティブディレクター)の瀬戸 昇さん。

作り手の熱い思いを知り、こだわっている素材やフォルムなど教えていただくと

その商品はしっかり記憶し、愛着がわきます。


やはり、ポリシーこだわりストーリーを熱く語れないといけないなって

瀬戸さんの話を聞きながら考えさせられました。そして感動してました。

私は、デザイナー(作り手)のこだわりや熱い思いに弱いんですよね。そんな方多いのでは?


感動も冷めやらぬうちに、パーティーも開催され中央のテーブルには

沢山の飲み物や食事が並び、色んな方との交流も楽しめました。


家具の説明が解りやすかったのはもちろんですが、デザイナーとしての熱い思いを聞き

デザイナー(作り手)の姿勢、消費者の心を掴む話し方なども勉強になりました。


アルコールを頂いたので、ほろ酔いで気分よく、寒さも心地良いわ~と

帰ってきました。

四百五十年 革新の歴史

昨日>オーガナイザー協会のCPD(技術者の継続的な専門教育)で京都友禅の研修に行ってきました。

1555年創業の老舗「千總」さんの本社で手描き友禅や型染友禅などの工程をお聞きし、手描き友禅においては

映像と実際の工房で各工程を拝見しました。手描き友禅の工程

また大変貴重な資料を保管してある資料室も拝見させていただきましたが

あまりにも素晴らしい資料に驚きました。

時間が許されるなら、ず~っと資料を見ていたかったです。


この膨大な歴史をひも解く収蔵品、貴重な文化財を千總ギャラリーで見ることができます。

数々のコレクションが年に数回の展示替えをして一般公開しています。



450年受け継がれている伝統はもちろん素晴らしいのですが、千總グループの「株式会社あーとにしむら」さんの

事業は特に興味深く、とてもワクワクしました。

NEO”伝統”を世界へ と発信しています。



頂いたカンパニープロフィールの中に


伝統とは「守る」ことではなく「創る」こと。

先人の残した貴重な美の遺産の伝承に

若い情熱と感性を吹き込むことで

人々に愛される時代の美を作り出していく


積極的なチャレンジで新しい美の文化創造企業として

躍進しています。



と書かれていました。


もの創りに携わる方々には深い言葉なのではないでしょうか。

大変勉強になり、改めて日本の伝統の素晴らしさを感じました。

おウチまるごと提案

今日はインプットデーでした。

Panasonicさんのセミナーと新作展示会に行ってきました。


「住宅」今、出来ることは「見える化」で省エネ意識を高める。

 ~暮らし方によるエネルギーの使い方の違い。

           消費する場所・時間が見えてくると、無駄なエネルギーも見えてくる~

ECOマネシステムがいいですね~

私のウチはオール電化にしてから、原始的ですが前年と今年の電気代を明細で比べてます。

初期投資の金額の元を取れるのは何時ごろなのだろう?

本当に電気代の節約になっているのだろうか?

深夜電力が有効に使えているのだろうか?

平日休みのウチの電気代は、高くついてないか?

と考えますが、比べられるのは毎月の電気代のみ。


このECOマネシステムの省エネモニターはエネルギーの実績が見える!

それも1時間・1日・月単位で! なんと便利で楽しいではないですか。


グラフで今日と昨日、今月と先月、今年と去年の実績を比較出来るんですから楽ですよね~

収支もすぐに分かると自家発電も楽しいと思います。


そして次に、「節電」と「快適」を両立できる照明手法や高機能商品の取り入れ方を

教えていただきました。


既に活用している内容もありましたが、初めての情報が沢山ありました。


明かりの組み合わせや明かりの灯しかたでかなりの省エネになるのはいいですね~

グラフで見せていただくと、納得です。

シーンに合わせて灯し方を変えながら節電できるなんて、これもまた楽しく節電です。


頂いたA3裏表印刷の資料は情報が一杯詰まっていて分かりやすくて有難かったです。

展示会で頂いた空間シュミレーションや手法シュミレーションの照明配当図と共に

保存版です。


今後の提案を期待してください!!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

くじ運の無駄遣いは・・・

6月に入り、例年のごとくバタバタしているのですが

ふと昨年は何をしていただろう?と振り返ってみました。

12日ですから、ちょうど1年前です。

星が丘で江口恵津子さんのセミナーがありました。


江口さんはTVチャンピオンや劇的ビフォーアフターに匠として

出演をしていらっしゃって、株式会社ヴェルデッシモの代表です。


セミナーが終わってから、実は内輪でお茶して帰ったのですが

とても楽しいひと時だったのを思い出します。

真ん中の紫のカーディガンの女性。(ちなみに私は後ろの真ん中)

IMG_3864_convert_20110612180628.jpg

実はこのセミナーの始まる前、受付で番号札を配っていて

最後にくじ引きがあり、なんと私の持っている「6」番が当選したのです。

そのとき頂いたのがこの本。

監修を江口さんがされた本なんです。

baannku00217_convert_20110612183320.jpg

「有難うございま~す」と喜んでいたのですが、後で内容を見て

これは、私が頂いてはいけなかった・・・。と反省しました。

江口さんにお話して、どなたか一般の方にお譲りするべきだったと。



お茶しながら、ICのMさんに「また当たったね~」

「こないだもジャンケン勝ち抜きでみんなの100円もって帰ったよね~」

なぜか、Mさんといるときに私はくじ運が良いようで・・・


しかし、たまに思い出したように本を開けると

インテリアに普段興味のない方にどのように説明するとより分かりやすいか

その方々の目線に近づけます。


・・・このまま私の手元においていて良いものか?

江口さん、中部電力さんかな?も必要とされる方の手元にあったほうが

喜ばれると思いますので、お譲りしようかと思います。

どなたか是非読んでみたい!と言う方は連絡くださいね~