FC2ブログ
PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
一般社団法人日本商環境デザイン協会
「JCD」メンバー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色彩のトリック

今日は美濃市のお客様宅で御打合せでした。

行きは良かったのですが、帰りはスキー客で込んでました。

長良川サービスエリアで喉を潤そうと車を止めて店内に入ったら、仕事着姿で歩いているのは私ぐらいで

かなり浮いていました。・・・今日は土曜日、この時期の休日はそうよね~と込んでいるレジで買い物を済ませ

帰ってきました。


 昨日インテリア産業協会の新春のセミナー&懇親会に行ってきまして、とても興味深いお話を聞いてきました。

内容は一言では伝えられませんが、「五感で感じる色~可視光色のもつヒーリング力を利用したカラーセラピー~」

というテーマでした。

カラーに関係するセミナーは今まで色々聞いてきましたが、一番面白かった!!

色の正体に始まり、色の視覚以外での捉え方や私達の心身への影響の仕方について。

また、色の持つヒーリング効果を補完的代替医療で用いている欧米での実状について。

という内容でした。


 多少話は違いますが、以前に色彩と心理についてとても興味があって、沢山買った書籍の中から、面白い

話を紹介します。

アメリカの色彩心理学者であるチェスキンは著書のなかで「妻を変える代わりに色を変えたら」といっている。


居室の壁を青から暖色系例えばピンクとか淡い橙色に換えたり装飾品を入れ替えたりしたら、一ヶ月も経たない

うちにうつ病だった奥さんが明るく朗らかに変身したそうです。

この事例をもとにしてチェスキンは世の亭主族に忠告している。

「神経質過ぎるとかうつ病であるとかでその奥さんと別れたいとか行っている亭主諸君に言いたい。

かえるべきはあなたの家の色彩計画であって、奥さんを変えなさるな」と。これは女性に限らずいえますけど


他に、ロンドンのブラックフライヤーズ橋は、かつて自殺の名所であったけれど、「自殺する無かれ」という

看板をかけるより、緑に塗り替えた方が効果があったとか。


サラリーマンが赤提灯に吊られるとか、白い壁を黄色く塗り替えたら子どもの成績が上ったとか、工場の壁の

色をブルーから淡いピンクに塗り替えたら、働く方の欠勤率が減ったとか、囚人の服や壁をピンクにしたら乱暴

だった囚人がおとなしくなったとか。

どれも、例として暗いテーマに思えるかも知れませんが、こんな風に色で人間の心理を変えられるということな

のです。

居心地の良い空間創りに色は重要ですね。

長時間の運転で少し疲れたので早く寝ようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

万一のことを考えて

今日はAMは英国インテリア協会「BIDA」に2010年の総会欠席のため、委任状を送信し、

リフォーム物件の仕上げ表の記入をし、2月から始まる物件の資料の整理と確認をしていまして

PMは新物件に関わるインテリアデザイナーの集まりがありましたので、濃~い打合せを楽しくしてきました

一度、トイレ行きたくて廊下に出たら、しまっている扉の向こうから、女性の話し声や笑い声が

廊下にまで響いてまして・・・

知らない人が通りかかったら、ここはどんな事務所?と不思議になるだろうと思いながら、その中に

戻っていきました。

女性のパワーを改めて感じましただって、男性も居たんですよ~


話は変わりますが、先日フジエテキスタイルさんで、防炎の勉強会をしていただきまして深く学ばせて

頂きましたので、少し触れたいと思います。

建築やインテリアに関わっている方は、ご存知かと思いますが、そうではない方に少しお話をしたいと思います。


「防炎」は「不燃」とは異なり、燃えにくいという性能を示す用語であり、繊維等が小さな火源に接しても容易に

燃え上がらず、もし着火しても自己消化性があり、際限なく燃え広がらないことを意味します。


防炎も防炎製品、防炎物品とあります。

・防炎製品
   
  消防法に基ずく防災規制以外のもので防災製品認定委員会が認定している寝具、衣類等
  
 baannku00962_convert_20100126210558.jpg


・防炎物品

  消防法に定められた防災性能基準の条件をみたした物を防災物品とよんでいます。

  旅館、ホテル、病院など不特定多数の人が出入りする建築物等で使用されるカーテン、じゅうたん等は

  防災物品であることが義務付けられています。
  
 baannku00961_convert_20100126210537.jpg

「防炎物品ラベル」                      「防炎製品ラベル」 
baannku00964_convert_20100126210642.jpg   baannku00963_convert_20100126210620.jpg



一部のラベルをご紹介しましたが、種類によって色々な様式があります。

使用方法や組成により、ラベルは違います。

詳しくは、商品を選ぶ際にインテリアコーディネーターにお聞きくださいね。


記憶に新しいと思いますが、北京のビル火災、居酒屋火災、少し前では歌舞伎町ビル火災など

どれも、火源に接して燃え広がって大火災になった例です。

こんな大惨事を未然に防ぐ為に、是非防炎を見直していただきたいと思います。

特に「住まい」で絞ったお話になりますが高層建築物(だいたい10階建以上の建物)

(高さ31メートルを超える建築物)
にお住まいの方でご自分でカーテンやカーペットを選ばれて

取付された方、ラベルは付いているでしょうか?確認してみてくださいね。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

照明でデコレーション

今日は、お客様と一緒に岐阜のトステムさんのショールームに行ってきました。

INAXさんと共同のショールームになっており、水廻りの御打合せがとてもしやすかったです。

(共同ショールームは初の試みとか)

名古屋のショールームも良いですが、岐阜のショールームは、それぞれの企業の優れているところを上手く

演出していて、相乗効果があり、お客様の満足度も高いのではないかと思いました。


お客様は「最初のキッチンだけで疲れてしまった」とおっしゃっていました。

そうなんです、水廻りの中でもキッチンは重要なだけに時間がかかるんです。

でも、じっくり打合せすることで使いやすさに断然違いが出ますので、きっと今日の打合せをしたことを

後で振り返って良かったと思っていただけることと思います。



話は変わりますが、昨日デコレーションについて書いていたので、もっともっと色んな物をご覧頂きたいと

思うのですが、今日は照明の面白い演出で御部屋のデコレーションしてみても面白い!のではないかと、

違う視点でご紹介したいと思います。

この壁に映っているのはスポットライトから投影された「絵」です。

特殊なスポットライトに板を差込み投影するのですが、このデザインはデザイナーさんのオリジナルです。

このスポットライト自体は、企業の社名やロゴ、店舗のロゴなどを投影するために作った商品だそうですが

下の写真のように、オリジナルデザインで、絵画やオブジェとして御部屋の演出に使っても面白いのでは

ないかと思います。
枝_convert_20100124233406

↓この写真のお花の投影は、テーブルセッティングに合わせてデザインされたものです。
 季節のイベントにテーブル横の壁面や、リビングの壁面などに投影するのも面白いですよね。
 通常とイベントで使い分けるのも良いですね。
ばら_convert_20100124233529
オシャレな壁紙やカーテンも明かりを消すと、柄などは分らなくなりますが、灯りの演出は暗い御部屋でも
楽しめますよね。

↓この写真は水槽の中からスポットライトで壁を照らしているのですが、水面が動くことで揺らぎを表現
しているんです。何とも心地よい灯りでした。
水中揺らぎ_convert_20100124233451

「写真はOZONで見てきた照明空間ラボ」

実は一度、企業の空間にご提案したんですが、その時は予算の関係で受け入れられず残念でしたが

機会があれば、またご提案したい商品です。

ご興味があるかたは、是非OZONでご覧下さいませ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

デコレーション

最近、とても個性的で面白いなと思ったタッセルやトリムなどをご紹介したいと思います。

Declereqというメーカーの物です。

タッセルをテーブルナフキンリングに使用していたり、珊瑚や蝶著が付いていたりと見る人を楽しませてくれます。

クッションやソファーにトリムが使用されていて、とても素敵です。

こういったアクセサリーを利用して、オリジナルの空間を作ってみたくなりませんか?

御部屋をデコレーションする楽しさをもっと知っていただきたいと思います。
Octopus_RDS_001ナフキンリング papvertweb蝶 CORAIL2タッセル


ニューヨーク RING1タッセル Hoffman1クッション


ソファー PDH2チェアー LOLA3紫

この商品にご興味がある方やソフトファニシングに興味がある方は、La Tapissiere Web サイトでご覧下さい。

このメーカーのサイトの紹介もされています。

ショップは、東京の銀座にあります。今準備中ですが、インターネットでも購入できるようになるのかな

と期待しています。

インテリアアクセサリーのご紹介でした。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

日本の文化を世界に発信

先日、源波淳子「LIVING BY DESIGN 代表」さんから興味深いセミナーのご案内を頂きました。

彼女は私と同じ、BIDA「英国インテリアデザイン協会」メンバーです。LIBING BY DESIGN webサイト
gennami.jpgファッションデザインを経てインテリアデザインに転向、1999年より

英国留学、ロンドンインチボールドスクールオブデザイン(Dip)卒業、ウェールズ大学大学院

Architectural Interior Design学科にてMA取得。 

2003年帰国後インテリアデザイナーとしてホテルをメインとした空間を手掛ける。

ロンドン留学中感銘を受けたデザインブランドSPINAを日本に紹介している。SPINA Webサイト


2005年開催100%デザインでは英国大使館ブースにて商品を紹介。

2006年7月よりONE DAYセミナーと題してインテリア空間に関わる方々を講師に招き少人数による

アットホームなセミナーを開催中。



今回ご案内いただきましたセミナーは
J.G.Presents*ONE DAYセミナー第16回 講師:斉藤上太郎氏(2月2日)です。

京都の着物界の三代目として日本の伝統を継承 しながら常に新しい世界を作り上げて行くその意気込み、今回は上太郎さんの生のお声を伺ってみたいと思います。 日本の文化を世界に発信する。ファッションから、テキスタイル、アート、インテリアと幅広く限りなくご活躍の上太郎さんと共に新しい日本のデザインについて考えてみませんか?
昨年11月に六本木ヒルズにショップをオープ ンし、京都から東京へ、そして世界へ。。。。期待高まります。。。。
詳細・お申し込みはこちらhttp://www.livingbydesign.jp/seminar_16.htm



斉藤上太郎さんのプロダクトでカリモクさんとのコラボレーションがありますが、domani「蓮夕」澤山乃莉子さん

デザインの家具
とのコラボレーションがとても素敵ですhtmldomani[蓮夕」Webサイト

*是非、澤山乃莉子さんの家具のファブリックと両方ご覧下さい。

ファブリックの違いで、イメージがかなり変わるのが面白いです。

また、蓮夕が和のファブリックといかにマッチするかも再確認出来ます。

↓は斉藤上太郎さん×カリモクさんとのコラボレーション。
12_1_photo.jpg12_2_photo.jpg12_3_photo.jpg12_4_photo.jpg


斉藤上太郎さんWebサイト
斉藤上太郎さんのWebサイトでご覧下さい。

源波淳子さんからのセミナーのご案内とセミナーの講師「斉藤上太郎」さんのプロダクトのご紹介でした。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

新築マンション

今日は、現場確認をしてゼネコンさんと打合せをしてきました。

この季節の現場は、とても寒いので防寒着で完全武装?といった感じです。

夏の汗だくの現場と違い、ヘルメットも防寒になって助かります。

今日は窓がしまっていて、完成近い現場なので、そこまで寒くなくよかったです。



話は変わりますが、最近私は毎日少しずつ昨年の物件の整理をしておりまして、PCからCDにデータを

移しているのですが、思い出深い物件が出てきましてCDでしまいこんでしまう前に、少しご紹介

しようと思います。


少し前に昨年末にカーテンと照明を短期間でやらせていただいたお客様の完成写真をご覧頂きましたが

それとまったく逆で2年がかりで関わった物件です。


最初にお客様にご要望を伺うのですが、この時まだマンションは基礎工事をしている段階です。

・新築のマンションの間取りを自分のライフスタイルに合わせて変更したい。と同時にデザインもトータルで考えたい。

 「来客を招く為に、華やかさが欲しい」

 「ロケーションを楽しみながら、来客者と一緒にリビングダイニングでコミュニケーションをとりたい」
 
 「席数は出来るだけ確保したい」
 
 その他色々なご要望を考慮して、まず最初に間取りを変更した図面をご覧頂きました。

 
 間取りが確定すると、次にご提示したのが、下のパースです。(3Dで書く場合もあります)

 初回の提示までに、あまり時間が無かったのですが、全体のイメージをざっくりですがパースを描きました。

 そしてこのパースに落とし込んであるアイテムやマテリアルをボードにしました。
 
 どんな家具、照明、カーテンでのご提案かを把握していただく為のボードになります。
baannku00100_convert_20100118231757.jpg baannku00103_convert_20100118232007.jpg
baannku00102_convert_20100118231828.jpg

建築の躯体に関係する素材を先に確定する為に、全体のイメージを確実に決める必要がありました。

ゼネコンさんが工事を進めるために、先に仕様を伝えなければならないからです。

設備の移動に伴う配管経路、照明の配線、回路計画、造作家具の下地設定、などなど山盛りの打合せがあります。

その業務を終えると、建築躯体及び仕上げ工事分の発注という第一段階が終了します。ここまで7ヶ月。


そして、次の段階が始まります。

ここからは造作家具のデザインや、家具、照明、カーテンの詳細打合せをしていきます。

カタログや、ショールームやサンプルなどをご確認いただきながら、微調整していきます。
IMG_0391_convert_20100118232106.jpg IMG_0397_convert_20100118233127.jpg

そして、施行するための製作図面を仕上げ、工事指示書を仕上げ、竣工までに間に合うようにそれぞれを発注

して、幾度も現場確認をして完成したのが、下の写真です。

当初のインテリアボードとは、少しずつ違いがありますが、要となるコンセプトにそって進めていきますので

そこまでブレずに出来上がったと思います。

IMG_2009_convert_20100118232418.jpg  IMG_2045_convert_20100118232442.jpg

IMG_1445_convert_20100118233105.jpg IMG_2054_convert_20100118232609.jpg

マンションをご購入される方は、注文住宅と違い、最初から間取りが決まっているわけですが、建築当初に

間取りや仕様を変更するオーダーシステムをとっているデペロッパーが増えています。

(もちろん、全てではありませんが)

このシステムを活用して、お好みの間取りやインテリアを手に入れることが出来ます。

私達インテリアデザイナーは、そういったシステムに対応して、お客様の夢をかなえる御手伝いもしております。

今、時代は施主が建物に合わせるのではなく、施主に建築が合わせていく時代になっています。

注文住宅やリフォームのように、お客様のライフスタイルに合わせて新築マンションを手に入れられます。


今日は長文になりましたが、昨年の物件のご紹介とマンションのオーダーシステムのご紹介をさせていただきました。

PS:この物件は私のホームページ開設に当たり使用させていただいております。
  

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

eclectic

お久しぶりです。

年明けにプレゼンや、セミナーや企画書、提案書作りでなんだか余裕がありませんが、忙中閑有りです。


今プランしている物件で、お客様から出来れば使いたいとご要望を頂いたブランドの照明で、実は私もとても

好きな商品をご紹介したいと思います。



download (1) main armani Picture 21.0  Picture 5.11  download.jpg   armani-casa-1.jpg

ご覧頂いてお判りいただけると思いますが、新しい和のスタイルを洋の空間に取り入れていますので、日本人には

とても懐かしく心地よく感じるところがあると思います。

また海外の方には新鮮で斬新に感じるデザインなのだと思います。

このブランドの銀座のショップは、海外の方が良く買いにこられると聞きましたので、納得できます。


このブランドに限らず、こういった日本らしさを新しい感覚で表現したデザインを空間に取り入れてみませんか?

最近では、日本の伝統工芸なども新しい和を表現した物づくりをしていらっしゃるので、そういった観点でインテリア

を考えるのも楽しいですよ。

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

昨年末の物件です。

昨年、12月中旬にプランして照明を18日取り付け、カーテンを28日取り付けという物件がありました。

これだけ短期間で終了した物件は、私自身も初めてといって過言ではありません。

まずは少し流れをご説明いたします。

今回のご依頼は、照明器具とカーテン+カーテンレールのコーディネートでした。

お客様からのヒアリングではなく、住宅会社さまからイメージを伺ったうえ、ご予算にピッタリ合わせたご提案を

させていただきました。(お客様とお会いしない為、ご覧頂いただくだけで充分ご理解頂けるボードを作成)

カーテンボード_convert_20100103234712  照明ボード1_convert_20100103234736照明ボード2_convert_20100103234754
※万が一の為、個人情報遵守で間取りはぼかしを入れています。

そして数日後には、お客様よりOKをいただきまして、発注をさせていただくわけですが、

そこまでなんと中2日です

これが実現したのは、お客様と住宅会社の担当者、コーディネーター三者が協力体制で動いたからこそ

成し得た技でしょう。

照明は、メーカーに在庫が全てあったため(1商品だけ在庫残1個と焦りましたが)2日後には取り付け。

カーテンは、お客様の新居に合わせたオーダーで縫製期間が必要なのと、ワックス待ち時間があり

28日に取り付けしました。

これで、お客様のご希望通り、年内竣工で御正月が新居で過ごせることとなりました。

取り付け後の写真です。子世帯のリビングです。

白い空間をモダンに演出できる照明です。コンセプトはシンプルモダン。
子世帯L_convert_20100103234835

寝室のベッドヘッドがくる窓には、操作しやすい「プレーンシェード」というスタイルを。
寝室_convert_20100103234955

お子様の御部屋には、大きくなっても飽きの来ない柄で、且つ自然のなかにある「アースカラー」です。
子ども部屋_convert_20100103235210

親世帯のダイニングは御食事をされる空間の動線のスペースを充分確保するために

窓枠の内側にプリーツスクリーンでご提案。

コンセプトは、ナチュラルモダン。カーテンやプリーツスクリーンは和のテイストを取り入れています。
(和紙の風合いが畳に調和します)。コードで昇降します。

カーテンレールも照明のアクセントも御部屋の基本色に合わせています。
LD_convert_20100103234923.jpg 和紙風プリーツスクリーン_convert_20100103235143

と、完成いたしました。28日の夜、現場確認の際お客様にお会いでき、ご挨拶させていただけて良かったです。



一つの商品を決めるのに、色んな観点「趣味嗜好」「ライフスタイル」「機能性」「安全性」「耐久性」「演出効果」

からご提案いたします。

色んな商品が溢れている中から、空間にマッチし、イメージに合うものを見つけるのは大変な作業です。

インテリアコーディネーターにご相談ください。

新居やリフォームを計画される方が、誰に相談したらよいか分らないという声も良く耳にします。

もちろん商品のご購入をされない場合でも、コンサル料金(ご提案料金)の御支払いだけでも対応させていただきます。

インテリアコーディネーターと住い創りを楽しんでください。

私のホームページをご覧頂いた方から、ハードルが高そうと言われたことがありますが、そんなことはありませんヨ
今後も色んな物件をご紹介させていただきたいと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

輝かしい新年を迎えて

明けましておめでとうございます。

2010年初めてのブログを書いています。

昨年は、29日朝方まで仕事をしておりました。

そして午後には、今年一番心の支えになってくれた友人に会って、またもや相談にのってもらいながら

ランチ忘年会をしました。インテリアデザインの同志で結構御互い悩みも多いのですが、悩みも彼女と

だと、ノリの良い会話で笑いにしていまえるので、笑顔で締めくくれた一日でした。


そしてその日から、昨日まで実はまったく手を付けられなかったBIDA(英国インテリアデザイン協会)の

Web サイトの登録をして、年賀状作成の為に2009年ご挨拶させていただいた方々の住所録の作成を始め、やっと

昨日投函してきました。(2009年度中に終わらせられなかったのは悔やまれますが・・・)

昨年は、私にとって今後の人生を左右する出会いの年と言われていたとおり、沢山の出会いがありました。

一年の有難い縁を振り返りながら、年賀状を書くことは新たな年を迎えるにあたり、大切な時間ですね。


そして、今日は私の誕生日です。っという間に一つ年をとってしましました。

今日は氏神様に初詣にいってきました。昨年のお礼と今年の祈願をして、気分を新たに今年一年頑張ります。

この鳥居をくぐる時は毎回神聖な気持ちになります。

たまにウォーキングの時や、新たな物件に取り掛かるときにも、御参りします。

「良いインテリアデザインが出来て、お客様に喜んでいただけますように」と。
201001031158000_convert_20100103143449.jpg   201001031155000_convert_20100103143430.jpg
片隅に・・寒そうにしている神様。それでも笑顔が素敵でしたので、手を合わせてきました。↑

熱田神宮にも行く予定です。

毎年恒例ですので、今年も欠かさず行きたいと思います。

天照皇大神宮の御札を頂き、えびす様にもお参りです。

今年は、もう少し私の仕事の内容(図面、ボード、パース、工事現場、竣工現場など)をご紹介したり

インテリアデザインやデコレーションのご紹介をしていきたいと思います。(もちろん個人情報遵守していきながらですm(_ _)m)

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆様のご多幸を心よりお祈りいたします。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。