PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイブーム

今イタリアでは、ミラノサローネが開催されていますね。

私の周りでもイタリアに行っている友人知人がいます。羨ましい~。

私はこの時期は難しいので、9月にパリやロンドンの展示会に向けて計画したいと思っています


ところで、話は変わりますが私のマイブームをご紹介します。

大きな壁というか面というか空間にインテリアデコレーションにおすすめなアート。

これは酒井由芽子さんのアートなのですが、銀杏の葉をモティーフにしたオブジェ。

銀杏の葉って木によって形が違うそうです。

一瞬にして舞い落ちる銀杏の葉の生命力や空気感がいいなって思います。

酒井由芽子
銀杏キョッシー2 銀杏キョッシー
ジルダール

平面な壁一面がキャンバスで迫力があります。立体のオブジェはシールと違って面白いです。


それから、これは大きなガラス面に張って剥がせるフレキシブルなテキスタイル。

前から気になっていたのですが、先日ショールームで再会してやっぱり好きだなって。

取扱い店

大きい花びらと小さな花びらを好きに組み合わせて楽しめます。

クリエーションバウマン1
クリエーションバウマン2
3599_convert_20120420210856.jpg
GECKO IN THE BOX

これも大きなガラス面がキャンバス。

私は、花びら/葉っぱの動きによって季節を感じます。季節によって張り替えると楽しさ倍増いや4倍?

額縁に収まる二次元のアートも素敵ですが、スケールの違う3次元のアートもいいですよね。


こんなデコレーションで楽しんでみてはいかがですか?
スポンサーサイト

日本人メンバーの会「launch」

インテリアデザイナーに仕事を依頼したいと考えている方。

海外のインテリアに興味のある方。

個性的なインテリアデザインをしてみたい方。

インテリアデザイナーになりたい方。

海外のインテリアデザイナーに依頼したい方。

海外のインテリア事情を知りたい方。

3月に英国のインテリアデザイナー協会の日本人メンバーの会が立ち上がりました。

英国インテリアデザイン協会日本人メンバーの会

あなたのお役に立てると思います。



正式メンバーの紹介や英国インテリアデザイン協会の説明、デザイナーに依頼する方法、メンバーになる方法

ニュースなどWebサイトにてご覧いただけるようになっています。

今後、色んなニュースや情報を更新していく予定でおりますので、是非ご覧いただきたいと思います。

The Oscars for the interior design world.

昨年、あるちょっとしたコンテストに応募して、1万円の図書券をゲットしました。

3月に入り忙しさで枯渇し始めた私は、時間が出来たら本屋に行こう!!と決めて

普段手が出せない高価なインテリアの本を買おう。そう「自分へのご褒美に」と思っていました。


その時が来たので迷わずインテリアの本を購入しました。

アンドリューマーティン

Oscars
タイムズによってインテリアデザイン界を代表するオスカーと評されたデザイナーの作品と名前が載っています。

アンドリューマーティンは地球の至る所からエントリーを引き付けています。素晴らしいですね。


圧倒的なインテリアデザインにため息がでました。

「インテリアデザイン界のオスカー」・・・しばらく本の世界に吸い込まれてしまいました。

この中には日本人も何人か載っていました。

店舗デザイナーといった方が良いのかもしれませんが、素晴らしいです。


この本にインスパイアされたので、しばらく頑張れそうです。

インテリアに興味がある方は、是非世界のインテリアデザインを見ていただきたいと思います。

空間を創るために必要な11の能力

私はインテリアオーガナイザーという資格を持っています。

今一つ活かしきれていませんが・・・今後とても重要なスキルだと感じております。

欧米では認知度が高く重要視されていますが、日本ではあまり認知度が高くはない資格です。

奥が深いので一言では、説明できませんがこの知識や分析法を学ぶことで

より質の高い、満足度の高い提案させていただけると思っております。


この春、新しく講座がスタートするそうです。

興味がある方は、下記の内容をご覧ください。


オーガナイザー協会 春のイベントセミナー

日時:2012年4月21日(土)10:30~12:00


講座内容:『思考の整理』に効果を発揮している分析法とは?
        -空間を創るために必要な11の能力-

     自分らしく過ごせる空間を創りたいクライアントが
     実際に使用した分析法とは?
     それぞれ違う個性を尊重しつつ、クライアント一人一人に合った空間を
     提案するためにまずは行うべき、分析。
     それは、クライアントの『思考の整理』を促し、
     本当に求めていることを導き出すことにつながります。
     今回は『思考の整理』に効果を発揮している分析法や、
     分析に必要な11の能力などについてお話します。

留意事項:当イベントは、オーガナイザー協会にて行っております
     『オーガナイズ基本講座』A:イントロダクションを兼ねております。
     セミナー受講にご興味のある方もぜひ、ご参加ください。

会場:  安田ビル会議室(オーガナイザー協会の2階となります)
     大阪市西区京町堀1-8-31 安田ビル2F


抜てき発注 表具師の仕事 

2月の初旬に和紙卸問屋の柏彌さんの社長から仏画の修復をしていることを教えていただき

中区橘2丁目にある「崇覚寺」に行ってきたときの感動をお伝えしたいと思います。


中日新聞の記事を見せていただき、仏画の修復には京都の各宗派の本山が集まる京都の業者が

請け負うケースが多い中、地元の職人を育てたいとの寺の意向で東海地区の職人さんが修復するということで

手仕事を広く知ってもらうために作業風景を一般公開しているとのことが書かれていました。
         
           中日新聞 仏画修復

私はこんなチャンスは滅多に無い!と予定を調整して見学させていただきました。

津市の表具店の若手を中心に7人に依頼されたそうで、その中のイケメン表具師

(皆さんイケメンでしょうが・・そう紹介していただきまして(笑))に説明をして頂き

大変貴重な伝統技術を見せていただきました。

崇覚寺 見学 Juju
そう崇覚寺の中です(作業中ですので普段と違います)

表具師の作業風景
現地の作業台です。殆ど作業がしやすいように仕込んでから現場に入るそうですので簡単な作業だそうです
壁画の下地として和紙を何枚も張り重ねる下張りの作業中。

表具師の作業風景2
この繊維が重要なのだそう!なるほど。

私は表具師の仕事を初めて見ることが出来まして、とても感動しました。

100年、200年残る仕事に誇りを持っている表具師さん。とても素敵でした。

一週間後に完成し、NHKも取材に来るとのことでしたが、残念ながらまだ出来上がりを

見せていただいていませんので、是非近いうちに見学させていただきたいと思っています。

PS 柏彌(からかみ屋)さん、とても素敵なお仕事を拝見させていただき有難うございました。

ご無沙汰しております!

あっという間に4月になりました。

2月中旬からあまりにも忙しく、ブログを更新できませんでした。

その間に訪問してくださいました方に、お詫び申し上げます。

3月、4月はいつも以上に忙しいです。


さて、忙中間有りでこれを機会にブログを復活したいと思います!


先日、ある工事現場で久々にヘルメットをかぶり

設計士の方と現場の所長とお客様と一緒に現場の確認をしました。

私は「この感じやっぱり好きかも・・もの創りの現場ってどこか興奮してゾクッとする」と

一人でワクワクしていました。

屋上から見えるパノラマの絶景にも感動してました。

このワクワクは原動力ですね~。


これからも色々書いていきますので、宜しくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。