PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

アンドリューマーティン未来の演出♪

今日の午前中の私は、気持ちが上がらず冴えませんでした。というのも昨日の打合せがかなりハードで、尚且つ

終了したのは日にちを跨いでいて結局眠りについたのが3時過ぎだったからです。午後からは色んな刺激に復活し

急ぎの仕事をこなし今に至ります。


さて、海外視察の紹介を続けていきます。LONDONの展示会でアンドリューマーティンのブースを見てきた時の

写真です。未来の住宅、宇宙船といったブースの中にアンドリューマティンの家具は、堂々と鎮座していると

いった感じ。近未来の住宅にフォルムといいファブリックといい馴染んでいて面白かったです。

無機質な内装の中にも、こんな家具があると心が安らぐだろうと思いながらぐるっと一回りしました。


毎年驚かしてくれるアンドリューマーティン。今年も面白い演出に感動しました。

学生が必死にメモを取って勉強している姿は、やっぱり人気度を表していると思いました。

      IMG_2379_convert_20130210005321.jpg

それで久々にHPを見てみたくなり、お気にいりからHPへ。そしたらデザインアワードのWINNERS紹介がされていて

思わず見入ってしまいました。以前このWINNERSを見るために分厚い本を買ったことが有ったのでHPで見れたの

ね・・・とちょっと複雑な気持ちもありましたが。

ANDREW MARTIN THE DESIGN AWARDS

是非、インテリアデザイン界のオスカーを見てみて下さい。刺激になります。それと、インテリア商品も必見!
スポンサーサイト

アートから始まるインテリア

昨日は、カーテンやベッド廻り、クッションなどの生地を決めるのに葛藤していました。今回はアートありきの

インテリアデザインだったこともあり、アートの解釈で方向性を何度か変更したことで最初からのプランと混合

しているためか、苦戦しました。そうゆう意味では、アートは見る人の数だけ何とおりにもなるのだと・・本当に

奥が深いと思います。

私が葛藤していたデスクの上です。ちょうど見積り依頼の為に色や柄の相違がないかの確認をするため写真を撮

りましたので、一枚。

左側がハーレクイン、右側はエリティスや壁紙、奥はジムトンプン・・・。

やっとまとまり、見積もり依頼が出来ました。一部在庫の確認が今からなので、ちょっとドキドキしてますが。

      HARlEQUIN

そういえばハーレクインが今回はメインになってくるのですが、さてここで、海外展示会視察の話に移ります。

昨年秋にLONDONのチェルシーハーバーデザインセンターでハーレクインのショールームを見てきました。上の私

のデスクの写真とはシリーズが違うのでイメージが全然違います。

                IMG_2489_convert_20130219003009.jpg

とてもかわいいディスプレイに吸い寄せられたのですが、特にこのシェードが気に入ってしまいました。

こんなに沢山のカラーを使っても色のトーンの調和がとれているから、すごく素敵!この遊び心いいですね。

                IMG_2582_convert_20130219002841.jpg

色んなマテリアルが混合すればするほど悩ましくなる時がありますが、こうやって沢山のマテリアルを見ていると

やっぱりインテリア好きだなって思います♪ 今回の葛藤した物件は3月末には完成予定ですので、またご紹介し

たいと思います。

Officeスペースの色々

LONDON 展示会視察報告まだまだ続きます。今回は「Office」に焦点をあてて報告です。

LONDON100%Design!のOfficeゾーンのご紹介。最近は多種多様なオフィスがあります。インターネットオ

フィス・シェアオフィス・賃貸オフィス・ギャラリー&オフィス・コンサルティングオフィス等々。オフィス家具

メーカーの提案も進化しています。

     office furniture1  office furniture2

↑の写真、ミーティングスペースもいわゆる会議室的な雰囲気ではなく、リフレッシュしやすくアイデアが生まれ

やすい空間が必要なんですよね~、右の写真は今やもうデスクは必要ない時代!という感じでPCが置けるテーブ

ルとパーソナルな照明付きチェアーのみ。
    
     office furniture7  office furniture4

↑の写真ソファーにPC用テーブル。飲み物なんかも置けちゃいますからかなり寛ぎながら仕事出来ますよね~

それにある程度のプライバシーが保てるところが良いです。右の写真は緑が無くても緑やお花を家具で演出。

リフレッシュスペースとしてとても良いと思います。

      office furniture5

↑の写真、従来だとパーティションで区切ってミーティングスペースを確保するところを家具で丸ごとスペースを

作っています。スペースの効率化。これで音もある程度カット出来たら最高ですね。

     office furniture6

↑の写真、赤と黒のブース。椅子の正面にインターネット環境が整ったデスクがあり、程よく囲まれた空間は

どんなに公共的な空間でも、だだっ広い空間でもプライバシーを保ちながら、落ち着いて仕事が出来ます。


省スペースで楽しいofficeの提案が沢山ありました。どんな空間でも快適性を追求したいですね。
 

革新的技術と素材とインスピレーション

今日は一応振替休日です。が仕事をしています。でもお昼休みにブログを更新しようと思います。

1日に2回の更新は滅多にありませんが、海外視察のご紹介があまり出来ていなかったのでペースUPです。


LONDON展示会視察中に、Victoria and Albert Museumにいき「Heatherwick Studio: Designing the

Extraordinary」展(5月31日〜9月30日)を見てきました。

ロンドンを拠点とするデザイン&建築事務所Heatherwick Studio(ヘザーウィック・スタジオ)の初の大規模

展。V&AのBritish design展の関連イベントで、オリンピック前後に開催される文化イベント・London 2012

Festivalの一環だったそうです。

            IMG_2678_convert_20121213211948.jpg

            IMG_2680_convert_20121213210431.jpg

LONDONに行くと毎回見に行くV&Aですが、特設展示があると聞き、ラッキー!と少し長めにスケジュールをとり

見に行きました。1m20㎝もあるロールの資料を自分で巻とり展示会場に入りました。↓これは1/4です。

                   3003_convert_20130217234833.jpg

私のお目当ては、ロンドン出身の有名なデザイナーThomas Heatherwick(トーマス・ヘザーウィック)さんの

LONDONオリンピック聖火台。204の国の数だけある花びらというコンセプトと3次元の動くモニュメント!!

         OLYMPIC CAULDRON

展示会場が展示物の割に狭く、あまりじっくり見れなかったのが残念ではありましたがそれ以外の展示もとても刺

激に成りました。人に感動を与えられるモノ創りはやはり素晴らしい!単純で明快なものほど深いと感じインスピ

レーションと技術の結集で世の中はどんどん進化していくと色んな意味で感動しました。

大人のピンク

最近「大人可愛い」という言葉を良く耳にすると思います。私も大好きな言葉です。大人になってもおばあちゃ

んになっても女性は女性であることを忘れずにいてほしいと思っています。

最近、美容関係や産婦人科や老人ホームなどの空間をデザインさせて頂く機会が増え、特に思います。

大人可愛い雰囲気をどう演出するかを考えると時、やはり女性ホルモンを活性化するカラーや女性らしいディテイ

ルやマテリアルの艶などを考慮します。

カラーは「大人のピンク」を良く探します。でも落ち着いた大人のピンクにはあまり出会えません。

昨年のLONDONのDECOLEXで、とっても素敵な大人のピンクのインテリア空間を見つけました。少しグレイッシュ

なピンクが大人っぽく感じます。
 
               pink1

こんな大人のピンクに囲まれていたら、いつまでも女性として輝いていられそうな気がします。

日本の伝統色の中にこういったピンクは少ないです。それはお水の違いなのです。同じ顔料で染めても軟水と硬水

では色の発色が違うからだそうです。一度日本のメーカーの中から徹底的にピンクを探してこんなコーディネート

して見たいと思います。

      pink2

こちらは、ラベンダー色とピンクのコーディネーション。リネン素材でもピンク!!素敵です。

女性は、どんなにモダンな方でもどこかに「永遠のロマンティック」感覚って持っているのではないでしょうか。

      pink3

余談ですが、男性も洋服にピンクや赤を差し色に使うと艶っぽく若返るのでお勧めです。

是非大人のピンク使って見てください。

創造性を育むファンタジーなインテリア

最近は、病院やクリニックのご依頼を頂くことが多く、そういった空間に関連したものに目がいきます。

小児科などに、こんな家具があったらいいなあと思います。もちろん普通に子供部屋にも良いですよねー。


この写真は、LONDONのインテリア展示会で見つけたキッズ用の家具です。サイズはもちろん子供用サイズで

ファブリックの柄もファンタジー!♪ 壁紙やカーテンとも揃えられるんです。

         kids chair1

日本では、子供用の家具で素敵だなと思うものは少ないです。是非、こんな風に子供の創造性を伸ばすような

お部屋を作ってみていただきたいと思います。

        Kids chair2


子供用の壁紙の柄は、大人でも楽しめそうなクオリティーです。

        Kids wall paper

日本でも子供用の柄の壁紙やカーテンがあります。子供の期間は短いからと成人するまで使える壁紙やカーテン

を選ぶ方も多いですが、是非短い期間だからこそ楽しい思い出に残るお部屋を演出していただきたいと思います

ペットと暮らすインテリアを

今日は、とても悲しい通知がありました。

大好きな一家のワンちゃんが永眠との通知にあまりにも動揺し涙が止まらず、思い出しては涙してと一日中

目を赤く腫らして鼻も真っ赤です。走馬灯のように想い出が・・・

今日は日曜日で普段は打合せが多いのですが、今日に限ってはは事務所での業務でしたので思いきり泣けま

した。


私も飼っていた猫を2回みおくっていますが、最後の別れの言葉も交わすことの出来ない動物との別れに毎回

幸せだったかな?もっともっと可愛がってあげたら、一緒にいてあげたら・・・と落ち込んでいました。


ですので、家族の一員との別れの辛さは自分の体験と重なり凄く解ります。

限られた時間を精一杯楽しく共生し、後悔のないようにしたいと思います。しかし、日々の生活の中で忘れてしま

う時もあります。


この機会にインテリアデザイナーとして、ペット共生・共存について改めて考えてみようと思いました。

今は本当に沢山のペット共生グッズやインテリア提案があります。

楽しく共生・共存出来るような空間をインテリアデザイナーとして提案していきたいと思います。

クリエーターとユーザーをつなぐ「場」

最近ふと思い出したことが有ります。

以前LONDONでお土産を買いたいと思い、地元の方に良いショップを紹介頂きました。

英国と言えば定番のお土産がありますが、ここではクリエーターの作品をお土産として購入でき大満足でした。

その時に買ったのはこれ。SAATCHI GALLERY

                royal-family-tea-bags.jpg

今は、LONDON三越でも違うバージョンが並んでいますが、その当時はLONDONらしいお土産に興奮したのを

思い出しました。


なぜ、お土産の事をふと思い出したかというと、先日名古屋ナディアパークのクリエイターズ・ループを見てきた

からなのです。 

"creators shop Loop"は名古屋地域の若手クリエーターをバックアップするショップなのですが、これが実に

面白くて、特に名古屋の魅力たっぷりのユーモアのきいたお土産は良かった!

やはりクリエーターが魂を込めて創っているので、完成度も高く話題性もあり気に入ってしまいました。


LONDON SAATCHI GALLERYのショップでの感動を名古屋でも味わえるとは・・・・

ご紹介したSAATCHI GALLERYのURLの中にはオンラインショップでクリエーターの作品を購入できますが、Loop

は現在企画中だそうです。

実現するのを楽しみにしたいと思います

私は、今度「鯱」の風呂敷かいにいこうと思っています。鯱になる包み方があって、可愛かったのでそれで

ワインやお酒くるみます!楽しそう♪ 鯱で名古屋のテーブルアレンジしてみたい!。

名古屋城のキャンドルも一緒に買って、添えてみよう♪ こんなユーモアたまにあったら楽しいですよね。

海外で見た日本の物創り

ここの所、ブログを書いていなかったので反省しつつ今までのブログを振り返ってみていましたら、海外の視察

について色んなことをお伝えしたいと宣言しながらあまり書いていませんでした。本当に反省です。



昨年秋の視察では、海外の素晴らしいデザインに感動はもちろんですが、日本の震災の影響で日本に元気がな

かったことや同じアジアでも勢いがある韓国や中国の展示を見て考えさせられることが多かったです。


ということで、海外で見た日本の物創りで私が気になった展示を幾つかご紹介したいと思います。

オリンピックイヤーだったLONDONを象徴するかのようにDECOREXの会場の中心にそびえたっていたオブジェ 。

しばらくこのオブジェを見て色々2012年を思い起こしていました。

     DECOLEX201209

この下の写真は「越前和紙」の掛け軸風アート。近くで見ると和紙の質感や透け感、凹凸が明りによってとても

素敵に演出されていました。会場が明るいので、良さが半減しているかなって思いますが。

この作品は海外在住の日本人インテリアデザイナーが、日本のクラフトマンと日本人経営の海外販売会社を繋ぎ

日本の物創りの素晴らしさを海外に伝えたいとアレンジしたことで誕生したそうです。

私はここ最近毎年DECOLEXを視察しますが、このブースの人気を見ると日本はやっぱり凄い!と思います。


この会社の方に、聞きましたところ展示会でお披露目してから空間にインテリアとして使用されるまでには

プロジェクトの規模にもよりますが、2~3年かかるので今回の商品も3年後くらいに結果が分かるそうです。

3年後にはインテリア雑誌をにぎわせているかもしれませんね。(もちろん越前和紙はすでに堀木さんの作品で

メジャーですが)

                 DECOLEX1

そして次に、日本の伝統工芸品の取手やつまみの展示です。

お仏壇や桐ダンス、民芸家具で日本ではお馴染みの物ではありますが、モダンな家具や建具に使用することで

この日本のデザインが新しい形で蘇えるのです。私も進行中の物件で提案中です♪楽しみです。

      DECOLEX2012

こうやって、日本の伝統が受け継がれていくのだと思うと「伝統と革新」常に課題だなと思います。

現場確認!

年明けからブログでの年始挨拶も出来ず、しばらく仕事に追われておりましたが、少し落ち着きました。

少し間が空き、すでに一か月が過ぎましたが皆様2013年もどうぞ宜しくお願いいたします。


今日は、DDA・SDA・JCD 年間アワード作品展があり. (社)日本ディスプレイデザイン協会(DDA)

(社)日本サインデザイン協会(SDA)・(社)日本商環境設計家協会(JCD)ナディアパーク国際デザイン

センターの「デザイン・トリプレックス9」に行ってきました。


年間アワード受賞作品だけに、見応えがあり勉強になりました。

11日まで4Fギャラリーで開催されていますので、是非年間アワード受賞作品を見に行ってみてください。




さて、早速ですが1月末に現場の確認に行った際に写真を撮らせて頂きました輸入住宅を少しだけご紹介したい

と思います。2月今週末に現場見学会を予定されている、素敵なお宅ですので全体像は是非実物をご覧いただき

たいと思いますので、私からは部分的なお気に入りの眺めだけご紹介したいと思い ます。

Living-ent
リビングドアのガラスがアンティーク仕様になると、ガラス越しの空間や明りもアンティークに見えて何とも

言えず落ち着きます。ガラス越しのシャンデリアは輸入照明でアイアンも本格的で素敵なんですよ。

HUKINUKE

2Fから吹き抜けの空間を撮った写真です。

手すりのアイアン・ペンダント照明、ブラケット照明のアイアン・カーテンレールのアイアン。

統一感を持たせると、景色が違いますから眺めていて気持ちがいいです!

見えていませんが、キッチンや、収納などの取手やつまみも全てアイアン!本当に気持ちよいですこの統一感。



他にもこだわりどころ満載なので、是非現場見学会でご覧くださいませ。

ご興味がある方、是非コメントかメールかお電話くださいませ。ご連絡差し上げます。