FC2ブログ
PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
一般社団法人日本商環境デザイン協会
「JCD」メンバー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

宿泊叶った THE RITZ-CARLTON

東京での情報収集の話が途切れてしまっていました。

さて、話を3月初旬に戻しまして・・・・以前からいきたかったRITZ CARLTON。

今回東京での展示会の視察のために、ここに宿泊しました。やっと泊まれました(^-^)

流石!風格というか季節のおもてなしと優雅な空気感。

以前お茶だけのために来た時と内装は変わらないのに、宿泊客ということで心にゆとりがあるからか

空間を楽しめていた。




 
以前から好きなアートの前で記念撮影。    この贅沢な間の取り方が良い。


お部屋は、ビジネスとちがってゆとりの空間と手の込んだディティール。



フォーカルポイントの和の設えが素敵。


一つ一つプロダクトがオリジナルで斬新。
  

私はRITZの「床」が好き!!石のパタン貼りも床のグラフィックも色といいデザインといい。
    

朝食は、なんとオープン初日のレストランで。


本日がオープンと聞いてしまうと、朝から豪華な朝食!するでしょ~ということで。


食事しながら、全体を見回して他の方に迷惑にならないように撮影。


吹抜けのオブジェが素敵。徹底したカラー統一が素敵。
制服だって、統一しちゃってます。もう食欲をそそるカラーとか、コミュニケーションしやすいカラーとか
そういった次元を通り越してモードなJapan!RITZなJapan!を演出してました。
お料理のカラーが引き立ってました。


箱もの、照明、チェアー、ソファー、ショーケース、壁装飾すべてのディティールをチェック!
大満足の朝食でした。

良い物や伝統的なものやトレンドを熟知し、体感したうえで、用途に応じたデザインプロデュースが出来るというもの。
最近狭小空間を逆手にとった斬新なホテルなど続々とオープンしていますが、やはりこのベースを踏まえて
アレンジすることで、空間が活きてくると思います。
やはり実際に宿泊するということは重要だなと、改めて実感しておりました。というかチェックアウト時に
言い聞かせるのである(^v^)
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

昨日はオープン初日覗いてきました♪(^ν^)

yamagiwaさんが名古屋三越に出店され、オープン初日に行ってきました!!
近くで仕事してたので、少しだけでしたが行けました(^ν^)


私も大好きなTom Dixonと和のアレンジだそうです。


ブラックの床と壁で、モード感がとても出ていてMITSUKOSHI6階の中で異彩を放ってました。



小物なども充実していて、インテリアの楽しさも感じられると思います。


Tom Dixonの小物もお勧め!今日は話に夢中であっという間に時間が無くなったので、近々また買いに行きたい(^ν^)


今日はyamagiwaさんの店舗のフラワーアレンジを担当した友人『アトリエフラワー彩花』大野 由美子さん[右]に
会うのも目的の一つだったのですが、この店舗のインテリアプロデュースしたのが、友人のカトリーヌ
(加藤ひろみさん)[左]だと知り、3人で盛り上がってました♬つかの間でしたが、楽しかった~~(๑˃̵ᴗ˂̵)

 
大野由美子さんのフラワーアレンジは、20点以上飾ってあるそう。一部ですがご紹介(^ν^)


是非!インテリア関係者はもちろんですが、普段敷居が高くて・・なんて思っていらっしゃる方々には、名古屋三越
6階のyamagiwaさんの展示はお勧めです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

展示会でのインプット

先日東京ビックサイトで建築、インテリア、店舗の展示会を見てきました。
タイル、金属、木、アクリル、家具、エクステリア、設備などなど、新商品を見て回りました。
インテリアデザイナーとして、新商品、新機能などの情報収集は必須、アウトプットばかりではお客様の役には立てない。
ということで。
まずは

タイル
水回りに使用する『自然素材』という観点で仕上げを選ぶ時、やはりタイルが欠かせない。
タイルのブースは会場の中で、かなり大きく展示があり、とても賑わっていました。 
それぞれのコンセプトでタイルの様々な使い方の提案に刺激をもらいました。

他にも沢山のタイルの展示ありました。

金属
どんな素材も金属の表情にしてしまう塗料。
金属を腐食させるより幅広く楽しめる。
以前トイレの便器をこの塗料で金属にしてしまった事例を見たことがある。
面白い。



同じ樹種でも、塗装や表面の加工でこんなに面白い柄を表現できる。

アクリワーロン
地元の素材を挟み込んだもの。
経年変化で劣化をしてしまう素材をアクリルで挟み込むことで、耐久性をあげる。
オリジナルなものにも対応できる事例を見せてもらいました。


家具
色んなデザイナーにデザインプロデュースして貰って新作発表されていたメーカー。
『椅子』でも、デザイナーがそれぞれの個性で息を吹き込むことで違ってくる。当たり前だけれども、それぞれの世界観が出ていると、刺激になりました。


エクステリア照明
エクステリアライティングで家具をライトアップしている。既製品だそう。作り手の感覚で作るので、ひとつも同じにはならない!ところが面白いとのこと。

吹き抜けのライディング。
イベントなどにインパクトありますね。

内装材。凹凸があり、色むらがラフな感じで面白い。

金属と木材を合わせた内装材。

昔の病院の洗面をイメージしてオリジナルで作った洗面だそう。


透明度の高いアクリルの中に和紙が入っている素材。断面を見るとすごく立体的に見えているのが従来のものとは違って、素敵。


他にも1日では見切れないくらいの展示がありました。
最近忙しくてアウトプットばかりでしたので、 有意義な時間になり、今後の物件に役立てていきます(^-^)

リノベーションのインテリアの撮影

昨日朝から撮影の準備、11時からプロによる撮影で、最後撤去は23時でした。
疲れましたが、充実した1日でした。
空気感、上質感、心地良さなんかが素敵に表現されていると思います。
写真が出来上がったらご覧いただきたいと思います。

色々と支えてくださった皆様に感謝です。m(_ _)m

好きなものに囲まれて楽しく住まう♪

自分の好きな生活スタイル、好きなものに囲まれて生活するって楽しい!
そんな事をこのショールームは、言葉がなくても語ってくれている!最初に訪れた時に感じてから
ファンになったroche bobois今回は、ケンゾー(高田賢三)とコラボ商品を見てきました。
(株式会社クラウンさんがAREAとともに15周年のイベントをされていたので、8日はこの界隈で満喫していました)
日本の古典柄が、ケンゾーにかかるとこんなにモダンに楽しくなる。


ファブリックシリーズが、カラーではなく日本の四季で用意されているところも面白い。
海外に一度出た日本のデザイナーは日本の素晴らしさを本当に上手く表現する!と感動する。

このソファーの座り心地が、とても面白く、張り地を一つ一つ好きに変えられるのが楽しい。

このテーブル、海のものとも山のものとも色々連想してしまう有機的なラインが面白い。
上部からの灯りが床に模様を作るのも楽しい。

こちらの照明は新商品ではないけれど
サイケな色使いもやっぱり楽しい。

こちらもオープン当時からあるオブジェ。
鯉が空間を泳ぎ回っている様。

削って削ってシンプルな格好良さの内装を求める方もいると思います、でも、こんな楽しさに囲まれるのも
一度しかない人生に良いと思うのです。(後ろのソファーはミッソーニコラボ商品)
計算され尽くしたフォルムやカラーは、足して足して盛っても、まとまって格好良いものなのです。
上級者向けとも言えるインテリア。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

新作発表会のお披露目が斬新!

一世風靡セピアのショーから始まった3月8日AREAさん新作発表。新商品のお披露目の仕方が斬新!

ストーリーと共に強烈なオープニングに圧倒され、そのまま代表からの新作説明。

やはり拘りどころを聴くのが面白い。一番前でじっくり聞けました。






NEW SHOPの壁画凄い迫力。
       ;
サンプルの見せ方も洒落てます。

小物も斬新
       ;

照明もトムディクソンのNEW商品とオリジナル照明。
とても男性的なハードなジャポニスムを感じていました。

実はAREAさんの新作発表は、同じく株式会社クラウンさんが取り扱うroche boboisさんの
ショールームを人力車で経由して楽しめるイベントになっていました。

次のプログでroche boboisの新作に触れたいと思います。(^-^)
今回東京ビックサイトの展示会や泊まったホテルなど、久々のインプットで刺激を沢山貰ってきました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

タイルでオリジナルプロダクト

本日、モザイクタイルミュージアムで相談会を終えた後、すぐ近くの『&enn』という雑貨とタイルとワークショップのお店を覗いてきました。
これ、IKEAで買ったテーブルにタイル貼ったオリジナルテーブルだそう。天板はトレーとしても取り外して使えるし、テーブルのスチールとタイルのグレイッシュな色がとても合ってて、カワイイ🧡手作り感に愛着も感じるんじゃないかな。

他にもキートレーとか、ペントレーとかも


目地の違いで渋くもなるので、好みでオリジナルなトレー作れるので面白そう。

これはまだ目地を詰めてない鍋敷きだそう。
白、グレー、黒の目地の他にも、今後はほかのカラー目地も使えるようにしていきたいっておっしゃってました。
あなたなら何色の目地?

土日のみの営業だそうです。土日に行けるようでしたらミュージアムと一緒に楽しんでみるのもおすすめ。
モザイクタイルミュージアムからすぐ。
色んなタイルから選べるから、楽しい。


雑貨やアクセサリーやレトロなタイルとか売ってました。

デザイン・トリプレックス14

本日シンポジウム。
『幸せのデザイン道』
全てが幸せに繋がるプロジェクト。
受賞物件だから当たり前とも言えるかも知れませんが、お客様、プロデューサー、設計者、サインデザイン、施工者全てが一体となって、クリエーター魂で拘りの社屋を作られました。
各協会のデザイナーが口々に羨ましいと言うほど。
レバーハンドルや椅子など、プロダクト一つ一つオリジナルにこだわっていらっしゃいました。
フランクロイドライト建築を羨ましいと思うのと少し似ている。

新社屋外観。

講師のご紹介。

ショールーム。

パンフレット。
私も以前から能作さんのファンで、箸置きとかカトラリーとか持っています。余談ですが。

新社屋。

型の展示。
新社屋のサインはデザイナーがおこしたデザイン画を基に職人さんが型を作って仕上げられたそうです。あえて漢字で英語表記なしで作られたそうです。

懇親会。
4月、ゴールデンウィーク近くに面白いイベントもあると聞いたので、その時に行けたらと思います。富山の伝統工芸を満喫したいと思います。