PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

抜てき発注 表具師の仕事 

2月の初旬に和紙卸問屋の柏彌さんの社長から仏画の修復をしていることを教えていただき

中区橘2丁目にある「崇覚寺」に行ってきたときの感動をお伝えしたいと思います。


中日新聞の記事を見せていただき、仏画の修復には京都の各宗派の本山が集まる京都の業者が

請け負うケースが多い中、地元の職人を育てたいとの寺の意向で東海地区の職人さんが修復するということで

手仕事を広く知ってもらうために作業風景を一般公開しているとのことが書かれていました。
         
           中日新聞 仏画修復

私はこんなチャンスは滅多に無い!と予定を調整して見学させていただきました。

津市の表具店の若手を中心に7人に依頼されたそうで、その中のイケメン表具師

(皆さんイケメンでしょうが・・そう紹介していただきまして(笑))に説明をして頂き

大変貴重な伝統技術を見せていただきました。

崇覚寺 見学 Juju
そう崇覚寺の中です(作業中ですので普段と違います)

表具師の作業風景
現地の作業台です。殆ど作業がしやすいように仕込んでから現場に入るそうですので簡単な作業だそうです
壁画の下地として和紙を何枚も張り重ねる下張りの作業中。

表具師の作業風景2
この繊維が重要なのだそう!なるほど。

私は表具師の仕事を初めて見ることが出来まして、とても感動しました。

100年、200年残る仕事に誇りを持っている表具師さん。とても素敵でした。

一週間後に完成し、NHKも取材に来るとのことでしたが、残念ながらまだ出来上がりを

見せていただいていませんので、是非近いうちに見学させていただきたいと思っています。

PS 柏彌(からかみ屋)さん、とても素敵なお仕事を拝見させていただき有難うございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント