PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

あっという間の2か月

9月の末にLONDONの展示会視察から戻ってから、本当に慌ただしい日々を過ごしました。

もちろん全力投球で、充実した日々ですので振り返れば満足感でいっぱいです。


そんな中、感動したことをお伝えしたいと思います。

大阪Living&Designの展示会の時期、BIID「英国インテリアデザイン協会」のメンバー古市伸子さんのショー

ルムでチャリティーイベントがありました。

私もチャリティーのお手伝いをさせていただいたのですが、募金をしてくださった方々、英国のジュエリーデザイ

ナーの方が寄付してくださったジュエリーを購入くださった方々の笑顔に感動しました。

古市伸子さんのショールームでのイベントは、本当に素敵でした。ショールームの環境の良さと生演奏が心に響き

ました。


また、私が所属するBIID 「英国インテリアデザイン協会日本人メンバーの会」が11月2日に東京の英国大使館

でイベントをした中で、同じく募金にご協力くださり、ジュエリーを沢山購入くださいましたこと本当に有難う

ございました。


この募金とジュエリーの売り上げは、「壁紙プロジェクト」で東北の被災者の方々の仮設住宅に壁紙を貼るため

に使わせて頂きます。ご協力くださった方々の温かい気持ち、素敵な笑顔が被災地の方々に届きます。

自分たち自らが働きかけ、皆さんの好意を「壁紙プロジェクト」として、仮設住宅の住空間を少しでも豊かにし

明るく過ごしていただけるお手伝いが出来ることは、インテリアの仕事に携わる人間として本当に意味のあること

と感じております。


敷設後のアンケートには、「部屋全体が明るくなって、気持ちが晴れやかになりました」「ボランティアの学生の

方々が一生懸命やってくれている姿に元気をもらいました」「大好きな色や柄に心が少し安らぎました」などの

感想を記入頂き、インテリアの重要性を痛感しました。


東北文化学園の先生や学生の方々、トキワ産業仙台支店の支店長には、被災地にお住まいに関わらず、敷設に

関して多大なご尽力を頂き本当に感激しております。


また、インテリアデザイナーの先輩方々からはボランティア精神を貫き通す強さを学び、インテリアデザインの

本質を改めて感じさせてもらいました。

一言で「インテリアデザイン」と言いますが、そこにはデザインという言葉だけでは表現しきれない奥深さが

有ります。機能や効率、ホスピタリティー全てを含めてデザインと呼べると思います。

そのバランスがインテリアデザインの質や完成度に表れてくるのではないでしょうか。

お客様の真の希望、潜在的な欲求、生活スタイルにあった提案を120%具現化差し上げる人間がインテリア

デザイナーでなければならないと思います。


私は、英国インテリアデザイン協会日本人メンバーの会の一人として日々の仕事と、チャリティーイベントや

壁紙プロジェクトなどの活動を必死でやってきたことで、沢山の感動、気づきを頂くことが出来ました。

これからも、インテリアデザイナーとして良い仕事が出来るよう頑張っていきたいと思います。


私のあっという間の2か月のご報告でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント