PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

蘇るリビング「されどクッション!!」

7月の13日~16日にかけてリデコレーションさせていただきましたH邸のリビングです。

リノベーションの第1段階が終了しました。第2段は現在プラン中です。

今回のリデコレーションでは、ソファーを張り替えて、カーテンやクッション・テーブル・ラグを新しくしています。

現状の壁や床、グランドピアノとの調和と奥様のお好みを考慮し、第2段階に移行しやすいようにご提案させて

頂きました。奥様はインテリアに大変こだわりがあり、ご自分でも海外に行くと小物やアートを買ってこられる方

で、私の提案を、目を輝かせて楽しんでくださっていました。

納めさせていただいた物の中で、それが如実に表れたのがクッションです。生地の質感や、光沢、色、フリンジなど

とてもこだわってくださいました。

    リデコレーション

    フリンジ付オシャレなクッション     カーテンと同生地のクッション  

海外の生地とフリンジなので、完成予定日までの日程によっては間に合わないかもしれないというぎりぎりの

スケジュールの中、生地とフリンジのサンプルをご覧いただき、ある程度デザインをお任せ頂きすすめました。

壁の色、ソファーの色、床の色、スタンドのイメージと庭を取り入れたリゾート風リビングのイメージを考慮して

選ばせて頂きました生地とフリンジは空間になじみつつアクセントとして存在感を放っています。


やはり、こういったフィニシングタッチはインテリアの完成度を上げるには欠かせない工程です。

こういったアイテムが、空間を引き立たせ日々の生活に潤いを与えてくれると思います。

また、このソファーの奥行やフェザーのクッションの特色から、このクッションはベストポジションで寛いで頂くために

機能的にも大変必要不可欠なアイテムなのです。 


クッションのお話をするときにいつも思い出すのが、6年ほど前になるでしょうか・・家具メーカーのショールームで

クッションの生地や大きさをソファーに合わせて選んでいましたら、女性の担当者がクッションなんで後でどうにでも

なるので、納品してからでもいいんじゃないですか~と気のない対応をした方がいました。

私は、最初の提案時にお客様に空間のトータルなイメージを掴んでいただくために必要なことと捉えていましたが

単純に家具を販売流通するだけでクッションのコーディネートは二の次と考えているのにはびっくりしました。


やはり、トータルでインテリアデザインの提案を出来る人間との住まい創りを選んでいただきたいと思います。

これから第2段階の本格的なリノベーションが始まります。とても楽しみで仕方ありません。

私は、H邸の素敵なご夫婦がより素晴らしいお部屋で、格好よく過ごされているのが目に浮かびます。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント