PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

建築の連携プレイ

9月に入りもう半分が過ぎました。ここ何年かはLONDONで少し早目の秋を感じていましたが、今年はとうとう

LONDON行きは断念せざるを得なくなりました・・・。

この忙しさは有難い反面、やはり毎年続けていたLONDONのインテリア展示会めぐりが一旦とだえるのは悲しい。


来年2月のメゾンや4月のサローネなどがあるじゃないか!また1年後があるじゃないか!と自分に言い聞かせて

おります。


でも、その代わりと言ってはなんですが、今進めている11月初めに完成予定で12月にオープンの物件は、とても

楽しみにいていまして、その業務を全うするわけですから納得しています。

最近は、関係者の方々との連携が前にも増して密になりラストスパートを楽しませて頂いております。

結構冷や汗をかく場面や、夢の中で仕事していることも続きますが、色んな関係者の方々との連携に支えられて

いることを実感します。


今日は床に使用する石のスラブ材の確認の為、ゼネコンさんが写真を送ってきてくれました。

なぜかというと、私が大理石の「ふ」について何とか上手くバランスよく貼ってほしいと以前からお伝えして

おり、それを言われても難しいと言っていた担当者の方が「ふ」の少ないスラブを選んでくださったのです。

こんなに気を使ってくださって、写真まで確認で送ってくれるなんて粋だな~と、感動してしまいました。

私も難しいお願いをしているのを分かって行ってましたから。

これをカットして内装仕上げをしていくわけです。自然素材をふんだんに使用していきます。

後は職人さんの腕?センス?次第ですね~なんてプレッシャーをかけてしまいそうです。

     石スラブ材2  石スラブ材1

昔、同じように石について注文を付けたら、丁場まで選びに来い!と言われグネグネの山道を運転して行った

こともありましたが、現場の規模が大きいだけにやることが多く、建材の加工場まで確認に行ける時間はあり

ませんでしたから、この連携は嬉しいです。


     DSC04627.jpg  衝突防止
     

     ガラス

スラブ材以外にも、ガラスやミラーやEVの扉や衝突防止の柄に至るまで完成度を上げるため連携が続いています。

こんな手間暇が空間の完成度をUPさせます。建築物に対する共通の思い入れが一丸となって、連携プレイと

なって行くのだと思います。

毎回感じますが、こういった関係者の空気感や現場の空気感で仕上がりが変わってきます。

現在は「サイン」の詳細を詰めています。本体工事はあともう少し!!そしてファニチャーや装飾や備品はもう

一踏ん張り!!完成を楽しみに、ラストスパートもう少し頑張ります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント