PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

新築マンション

今日は、現場確認をしてゼネコンさんと打合せをしてきました。

この季節の現場は、とても寒いので防寒着で完全武装?といった感じです。

夏の汗だくの現場と違い、ヘルメットも防寒になって助かります。

今日は窓がしまっていて、完成近い現場なので、そこまで寒くなくよかったです。



話は変わりますが、最近私は毎日少しずつ昨年の物件の整理をしておりまして、PCからCDにデータを

移しているのですが、思い出深い物件が出てきましてCDでしまいこんでしまう前に、少しご紹介

しようと思います。


少し前に昨年末にカーテンと照明を短期間でやらせていただいたお客様の完成写真をご覧頂きましたが

それとまったく逆で2年がかりで関わった物件です。


最初にお客様にご要望を伺うのですが、この時まだマンションは基礎工事をしている段階です。

・新築のマンションの間取りを自分のライフスタイルに合わせて変更したい。と同時にデザインもトータルで考えたい。

 「来客を招く為に、華やかさが欲しい」

 「ロケーションを楽しみながら、来客者と一緒にリビングダイニングでコミュニケーションをとりたい」
 
 「席数は出来るだけ確保したい」
 
 その他色々なご要望を考慮して、まず最初に間取りを変更した図面をご覧頂きました。

 
 間取りが確定すると、次にご提示したのが、下のパースです。(3Dで書く場合もあります)

 初回の提示までに、あまり時間が無かったのですが、全体のイメージをざっくりですがパースを描きました。

 そしてこのパースに落とし込んであるアイテムやマテリアルをボードにしました。
 
 どんな家具、照明、カーテンでのご提案かを把握していただく為のボードになります。
baannku00100_convert_20100118231757.jpg baannku00103_convert_20100118232007.jpg
baannku00102_convert_20100118231828.jpg

建築の躯体に関係する素材を先に確定する為に、全体のイメージを確実に決める必要がありました。

ゼネコンさんが工事を進めるために、先に仕様を伝えなければならないからです。

設備の移動に伴う配管経路、照明の配線、回路計画、造作家具の下地設定、などなど山盛りの打合せがあります。

その業務を終えると、建築躯体及び仕上げ工事分の発注という第一段階が終了します。ここまで7ヶ月。


そして、次の段階が始まります。

ここからは造作家具のデザインや、家具、照明、カーテンの詳細打合せをしていきます。

カタログや、ショールームやサンプルなどをご確認いただきながら、微調整していきます。
IMG_0391_convert_20100118232106.jpg IMG_0397_convert_20100118233127.jpg

そして、施行するための製作図面を仕上げ、工事指示書を仕上げ、竣工までに間に合うようにそれぞれを発注

して、幾度も現場確認をして完成したのが、下の写真です。

当初のインテリアボードとは、少しずつ違いがありますが、要となるコンセプトにそって進めていきますので

そこまでブレずに出来上がったと思います。

IMG_2009_convert_20100118232418.jpg  IMG_2045_convert_20100118232442.jpg

IMG_1445_convert_20100118233105.jpg IMG_2054_convert_20100118232609.jpg

マンションをご購入される方は、注文住宅と違い、最初から間取りが決まっているわけですが、建築当初に

間取りや仕様を変更するオーダーシステムをとっているデペロッパーが増えています。

(もちろん、全てではありませんが)

このシステムを活用して、お好みの間取りやインテリアを手に入れることが出来ます。

私達インテリアデザイナーは、そういったシステムに対応して、お客様の夢をかなえる御手伝いもしております。

今、時代は施主が建物に合わせるのではなく、施主に建築が合わせていく時代になっています。

注文住宅やリフォームのように、お客様のライフスタイルに合わせて新築マンションを手に入れられます。


今日は長文になりましたが、昨年の物件のご紹介とマンションのオーダーシステムのご紹介をさせていただきました。

PS:この物件は私のホームページ開設に当たり使用させていただいております。
  
スポンサーサイト

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すばらしいですね。
カナダの建築写真の授業の中で、日本の新しい建築やインテリアの写真を、
教授が紹介していました。
洗練されたデザインに、ため息がでていたのを思い出しました。

有難うございます

日本のお客様はデコレーションまで、依頼される方が少なく、海外の御部屋のように小物に至るまで完成度を高めることは出来ませんが、それでもお客様の個性を充分表現できた物件だったと思っております。
お客様も私も、長期でしたがインテリアデザインを、とても楽しんで進めてきましたので、印象深い物件になりました。
今後も、色々な物件をご紹介していきたいと思いますので、また覗きにきてください。

No title

プレゼンのボードやパース、とても参考になりました。この物件、HPのトップページの写真のものですよね。とても上品なデザインで素敵だな、と思って見ていました。
やっぱり個人邸のインテリア、楽しそうです。使う人が喜んでくれるのが直に伝わるのがいいですね。

有難うございます

自分がデザインした物件の感想をいただけて、とても嬉しいです。
もちろんお客様に喜んでいただけるのが、醍醐味ではありますが、第3者の方たらの意見はとても貴重です。
今後も率直なご感想を聞かせていただければと思います。
千葉さんのHPが更新されているのを拝見しました!とても素敵ですね。
実例も千葉さんのデザインが確立されているのが、窺えます。
今後も楽しみにしています♪