PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

文化の違いを超えて

今日は、今進行中のお客様にご提案させていただくためのアートを探しに行ってました。
かなりのアートを見ることになり、とても充実した1日になりました。
色んな国の作家さんの作品を見ましたが、芸術って国境関係なく心に響くものだと思います。
今回のお客様には、テイストが違いましたがチリの作家さんのスピリテュアルな作品がとても
良かったので、どこかでご提案できたらと思います。

アートといっても色んなアートがありますが、LONDONの展示会でみたカーペットが
ただのカーペットではなく、もうアートとの域に達していると感動したのを思い出しました。
日本では、こんなふうにカーペットを大々的に展示しているのをあまり見たことがありません。
やはり文化の違いでしょうか・・。
IMG_4522_convert_20101103212853.jpg

IMG_4521_convert_20101103212808.jpg

IMG_4517_convert_20101103212742.jpg

IMG_4513_convert_20101103212717.jpg

有名なアーティストとのコラボレーション作品など数多く展示がありました。

カーペットのカルチャーショック!と思っていましたが、なんと日本でも頑張っているところを
見つけました。
LONDONから帰国してそのまま大阪のLiving&Designを見に行ったのですが、そこで
藍染の技術と日本の古典柄をアレンジしてカーペットを展示していた企業がありました。

IMG_4767_convert_20101103212916.jpg

IMG_4768_convert_20101103213009.jpg

アートの領域かどうかはおいて置いて、とても嬉しい気持ちになりました。
日本の住宅に、また西洋と東洋が融合された空間にとても調和するのではないでしょうか。

椅子座の生活をしている日本人が多いと思いますが、カーペットも楽しんで欲しいと思います


スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

LONDONのタータンチェックの柄のカーペット素敵ですね。

カーペットって、昔ながらの家だと
部屋全体に敷き詰める感覚があるのですが
一番上の写真の様に
広めのフローリングの上にラグマットとして使うのは
いいなと思いました^^

そうですよね

今年は、TVでもイケメン芸能人がワックスのCMでイギリスで撮影したり、インテリアやファッションでもタータンやイギリスの国旗などが良く見られますよね。
展示会場でも一番目立つ通路にタータンの展示がありましたから、流行なのでしょうね。タータンの柄も今年の流行があるのだと思います。
アートフラワーにも是非使ってみたらどうですか?