PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

サスティナブルな意識をインテリアに

大阪のINTERIOR CAFE  Livmore にてセミナー参加。世界的にサスティナブルを意識したインテリアが注目されています。
本日トレンドも含め奥の深いセミナーでした。

大阪のインテリアデザイナー 古市伸子氏のインテリアカフェ 。チョークアートでインテリアのメニューーが!斬新。

ロンドン在住デザイナー 澤山乃莉子氏のセミナー
  
ニットアーティストによる作品の展示期間でした。
飾ってあるアートも素敵。
   
インテリアに関する細かいメニューがあって面白い空間、興味がる方は是非(^-^)

シンポジウム【 MIZKAN MUSEUM ~「体験」のデザイン~ 】

シンポジウム【 MIZKAN MUSEUM ~「体験」のデザイン~ 】本日開催!!
まずは、セントラルパーク地下セントラルギャラリーにて受賞作品をみる。



色々な素晴らし作品を見て、かなりテンションが上がります。
そのままトリプレックス会場へ!

そして今年も前から2番目でかぶりつきです。
もうすぐ始まります。∩(´∀`)∩
追伸(^-^)

ゲストのお席の関係と、お店の広さの関係で主役が後ろになってしまってますが・・・
今年は集合写真が撮れました!

構図から見る日本の美意識

葛飾北斎の絵を何気に見ていた。
富嶽三十六景

神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)

尾州不二見原(びしゅうふじみがはら)
をみていたら、少し前にデザインさせていただいたゲストルームを思い出す
アルマーニのスタンド照明を置いたこの空間をこのアングルで撮りたいと写真家さんにとってもらった一枚の写真。
この物件の一番のお気に入り写真。

H邸 ゲストルーム
自分は日本人だなと、つくづく感じた瞬間。
世界に誇れる日本の空間をデザイン出来たらと、また夢を巨きく膨らますのである(^ν^)

『モノ→コト』へ。サービスの経験価値創出

本日中部デザイン団体協議会(CCDO)➕名古屋商工会議所主催のデザイン シリーズセミナー2017でした!先程終了。
朝から食べる時間がなく、あまりにも空腹でこんな時間にと思いつつ食事をとりに入ったカフェでプログ更新。
イノベーションを求める経営者の方に、デザイン導入に興味のある方に向けて、課題解決型セミナーでした。4回シリーズの第3回目。
通常こういったセミナーは、かなり受講料高いですが、なんと無料ですし、即デザイナーと直結出来る環境!! 素晴らしいです。
名古屋のデザイン協会の団体CCDOhttp://www.ccdo.info/は色んな活動をしています。その中の関係機関協働事業委員会のセミナーです。

第3回目の講師は原田車両設計(株)原田久光様。
『コトづくりは人づくり』のテーマでお話しくださいました。
  
総合司会 JIDA インダストリアルデザイン協会の渡辺俊生氏
進行司会 CIP インテリアプランナー協会の刀根川ますみ氏
   
今回のセミナーの企画立案に主導的に参画されたクリエイティブディレクターとしてプランナーとして活躍されています原 愛樹氏。
グループディスカッション活性化のために全テーブルを見て下さったCDA 中部デザイン協会の佐伯 陽介氏。
  
2人でお話しされてる右側が、講師原田久光様、左がタイムキーパーして下さったJAGDA日本グラフィックデザイナー協会の和田眞彌氏。
ファシリテーターとして熱心に話を聞いてるJAGDA日本グラフィックデザイナー協会の渡邉勝則氏
   
ファシリテーターとしてSDA 日本サインデザイン協会の若林達也氏とCCC中部クリエイターズクラブの藤森晋一氏。
ワークシートにシート貼ってファシリテーターしているCDA 中部デザイン協会の藤本修司氏。
それぞれの団体のプロがファシリテーターを務めております。
JCD 商環境デザイン協会の亀井は、本日写真撮影担当してまして、17日に進行司会を予定してます(^。^)

 
4回連続参加の方、各回参加の方それぞれでしたが、第4回には将来のイメージを描きデザイン導入で課題解決していただけることと思います。
講師の方、デザイナーの方、参加者の方との交流や色んな意見や情報収集出来ることだけでも有意義だ!と感動されてる方もいらっしゃいました!!素晴らしい。
各協会から出向しているメンバーの活躍をご覧いただければと、メンバーに焦点を当てた投稿でした~

伝統纏わる話しは、奥が深く面白い。

出張で越前まで行ってきました。
打ち合わせを終えて、ちょっとだけ紙の文化博物館に行ったり、和紙の工場を拝見させてもらいました。
和紙と言っても、奥が深くいろんな手法でそれぞれ特色を持っている工場がたくさんあります。
この地域は農作物に向かない土地でしたが、紙漉きに向くとのことで和紙作りが、盛んになったそうです。
それも山から流れてくる綺麗な水があるからだそうです。水害も多いため今はこの写真のようになっており、和紙の里を支えているそうです。
そうそう、冬季限定の水ようかんも北陸は有名ですからやはり水は重要。



ここの社長は、私の同級生と友達だと知り、ビックリ。
有名な作家からの依頼も多い、昔ながらの強靭な和紙を作っているそう。
やはり自分の作品は、永く残るように紙も選ぶんですね。

さすが恐竜博物館が有名な福井、駅のロータリーに動く恐竜。

越前市から福井市に移動して、福井駅から名古屋に戻りました。
やはり実際にお会いしての打ち合わせは、創作の幅も広がり、スムーズに事が進みます。
今回は2部屋分まとめての打ち合わせが出来てました。楽しみです。
本日は有松絞りの、染め工場で打ち合わせをして帰ってきました。
有意義で内容の濃ゆ~い2日間でした。