PROFILE

tcjuju

Author:tcjuju
インテリアコーディネーター
二級建築士
カラーコーディネーター
インテリアオーガナイザー
英国インテリアデザイン協会
「BIID」メンバー
亀井寿子

Juju INTERIOR DESIGNS
LATEST ARTICLE
COMMENT
ARCHIVE
QR
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

LINKS
SEARCH
RSS

竣工フォトブック

少し前に竣工した物件のフォトブックが届きました。
ゼネコンさんと共同で作りました。
まだお客様にはこれからお渡しする予定。
とてもこだわってデザインした物件なので、いろんなアワードにエントリーしていきます。
なので全貌はまだ公開できません。
最近は、そんな物件が多いので出来上がっても公開するまでちょっと時間がかかります。

トイレだけお披露目。ハイセンスなタイルの壁が、企業の皆さんや建築関係者皆んなのお気に入り!

アルバムが出来上がると、物件が終了した!と客観的に空間を見ることが出来ます。
またこれからもコツコツ頑張ろう!次への活力になります(^-^)

WABISABI

今日は、東京に出張の為新幹線の中でプログ更新。先日生地やら壁紙やらと少し見て回りました時の事を書きます。
このカタログの名前はなんと『侘び寂び』
フランス人🇫🇷のデザイナーが親日で伊勢型紙を持っていてそれをデザインに落とし込んで発表した生地だそう。


今年のトレンドカラーのクッション。
パッと見では、伊勢型紙とは気付かない。

そして、こちらは壁紙のカタログをめくってましたらなんと!この壁紙の名前は『絞り』ちょっと意識してるのかなぁ?なんて何気に裏の仕様を見たら。


オリンピックが決まると世界のデザイナーがその国に焦点を持っていくということですが、嬉しい反面歯がゆい・・・
日本の伝統が海外のデザイナーの感性で、青い目を通して見える日本の色でインテリア空間にセンス良く取り入れられるのを見て、日本人よもっと頑張ろう!!自分に言い聞かせるのである。

女性インテリア先駆者達の道のり WIW in OSAKA 2017

来る「ワールドインテリアウィーク2017」の5月26日に大阪AIDECショールームにてイベントを開催いたします!
BIID  British Instutute of Interior Design (英国インテリアデザイン協会) 会員3名によるトークショーです。
・澤山 乃莉子 ・古市 伸子 ・亀井 寿子
司会は同じくBIIDメンバーであり、JID西日本エリア長の安藤眞代
テーマ 「女性インテリア先駆者たちの道のり」
インテリアを学んでいる方、インテリアデザイナーとのコラボレーションで仕事考えている建築関係の方、インテリアデザインが必要と考えている企業やマンションオーナーの方、また新築やリノベーションを検討している方、きっと何か糸口を見つけていただけると思います。是非ご参加くださいませ。皆様とシェアし語り合うイベントになっています。
WIW in OSAKA 2017

日進市 有形文化財を拝見

250年前の建物。
私のウオーキング経路にあって通り過ぎていた市川家邸宅登録有形文化財。
ゴールデンウィークに入って束の間の休憩に体を休めるのだけれど、多少の運動もということで、いつもよりゆっくりウオーキング。

本日5日でしたから。

今でも使っているそう。

100年前のオルガンだそうです。弾いてみました(^。^)ちゃんと弾けます。

蓄音機とか

ミシンとか
縁側のお手玉とか

縁側からの眺め。

昨年からつい先日まで、毎年忙しさを更新しつつ一番忙しい年が少し落ち着き、次へのエネルギー補給といった感じです。
世間がお休みの時に仕事をしているスタンスは今も変わりませんが、本日より3日間家族孝行も兼ねお休みさせていただいております。m(__)m
ps   ウオーキングコースの池に亀の甲羅干し。
陸や岩場でなくこんな不安定な場所で・・・
何匹いるかわかりますか?

ゴールデンウィーク中、休まずお仕事の皆様ご自愛くださいませm(__)m

カタログに掲載されました。

本日、早朝事務所のポストに、中村工芸さんのカタログが届いてました。
以前デザインさせて頂いた『東京ベイ先端医療幕張クリニック』様のエントランスの写真を掲載いただき、出来上がったとのことで送付頂きました~
カタログ用の写真撮影も立ち会わせて頂きましたので、感無量です(^-^) 

『癌の先端医療』におけるインテリアデザイン。この物件は千葉の建築文化賞を頂きました。審査員13人がマイクロバスに乗って実際の建築空間を見て審査されたうえで賞を頂きました。
審査員の方の総評の中に、この空間に入った時、病気が治りそうだと思えたと言うコメントがありました。
写真で見るのと体感するのとでは全然違って色やデザインが奇抜に見えたけれど、実際に空間に立って見ると、包容力のある優しい空間だったと言って頂きました。
リゾートホテルの様な空間での診察や診断は、緊張感を和らげ、日常の慌ただしさを忘れさせてくれます。
今後も医療の空間のインテリアデザインに取り組んで行きます。

中村工芸さんのカタログを手にする機会がありましたら、是非このページをご覧下さいませ~